月別アーカイブ: 2019年8月

「荒神峠(こうじんだお)」(美祢市秋芳町嘉万)作業終了しました!


本日のコメントは、少々辛い そして厳しいもの になるやも?知れません(少々ご勘弁のほど)。美祢市秋芳町嘉万「荒神峠」(こうじんだお)  当該峠に「荒」「神」の名前が付いていますから、クワバラ~クワバラであります。かなりの永きに渡って、どなたも(誰も清掃に)手を出さなかった(出せなかった)場所なんでしょうか??その強烈な名称=荒神峠 にも負けず、(筆者)自らの意思のほうが勝って、名前の由来など無視して、遂にやり遂げましたよ!まあ、その場所に立ったとき、そこの散乱している大量のゴミ諸君!さすが今回だけは “ ゴミ諸君との会話 ” はありませんでしたねえ!→先ほど美祢市役所に、名称確認、こうじんだお(荒神峠)と判明!地区名が「坂水」地区と確認!

自分のお袋さんは、(旧)大津郡三隅町沢江 の生まれ、そのまた母親は、(旧)大津郡通(かよい)村出身=青海島(おうみじま) 19年前まで、 筆者の地元豊田町から、秋芳町「嘉万(かま)」経由で三隅町に行くには、山越えしかありませんでした。当然と当該地区に足を踏み入れることは皆無でした。現在の「大水峠トンネル」が完成してから、良くここを通って(お袋さんの実家)「(有)みやた酒商」=宮田紀洋社長 に出かけます。通常は、俵山~湯本温泉経由にて、三隅町に出かけますが、帰りは「湯免温泉」(香月泰男美術館)を通過して、湯免ダム~大水峠トンネルを経由し、この「荒神峠」(こうじんだお)を通って「嘉万」=県道36号線 そして右折、美祢市於福に出ますね!

☆肝心の荒神峠(こうじんだお)の当該峠ですが、帰途時に初めて右に見えます。ゆるい登りで、すこし右カーブ、コカコーラ・ウエストの自販機がありますが、帰りは寄りにくいところ、、行きはカーブで急には止まれないので見逃しますね。その「地の不利さ?」いや「荒神峠」の名称なのか、ザックリ(ここ私有地に)全く人の手が入ることなく、幹線道路(一応県道36号線ですが)の傍に、筆者が(過去)退治した場所NO.1に躍り出て「最上級」になろうとは!!(ここに停止して)初めて凝視して判ったのです。ここが「谷」とか「崖」ならイザ知らず、メーン道路ですからね、(片づけなかった)何かの理由があったのか?筆者は知る由もありません。

結果的に作業時間は1時間強(向井のおばちゃんの協力を得て)大袋換算で15袋、それとタイヤが1本、換気扇一個、鍋など少々、空き缶は少なく、ペットボトル1袋、一番はコンビニ~スーパー系、大量の新聞誌、ダンボール、全て濡れて~腐食、一番恐れていた「ハミ=マムシ」や「ムカデ」はおらず、まあ「アリンコ」の巣窟(そうくつ)でしたねえ!(8月26日 午前5時 豊田町出発  5時45分作業開始 助っ人=向井増子 84歳)6時45分終了  帰途につく、、、

☆解決方法(参考意見ですが、、、)

①幹線道路の空地にバリケードで立ち入り禁止(大き目のタイヤを置けばタダで済む)

②自販機を撤去してもらう

③地域住民と土地所有者が話し合う  花壇など作ったらどうか

場所が個人所有地のため、行政(市や県)は(まあ)看板を立てるくらいか、、、(今回の作業ですが)全くお金がかからない、「1時間で片付けられる」「10メートル四方」、「10年以上前?」 いやもっと「20年以上前か?」放置され放題のことを思うと、同じ人間の一人として、もっと頑張らなければ!と(新たに)再認識しましたねえ!「成徳達材」「草莽掘起」「知行合一」これは「吉田松陰」先生の教えですが、長州藩士の末裔として、反省させられたアクションでした。

★コカコーラ・ウエスト(長門)→フリーダイヤル 0120-866-509(福岡消費者センター)自販機ナンバー 9266110310 対応は100点満点 自販機周辺だけの散乱ゴミは(あくる日)撤去されていました。(長門 担当 岡藤さんとも相談しています。)

★下関土木事務所(豊田分室)道路維持係(0837-66-0185)担当 山田さん 諸々相談いたしました。

★宇部土木事務所(美祢分室 0837-52-1105)結果を報告しております。

「仙崎」詣でが 続いています!

「ドライブ道楽」の続きを致します。毎週の火曜日を除いて、ほぼ連日、夕方になると「長門市」仙崎にある「河口亭」に参上します。まあ、単純に夕飯(食事)に行くだけですが、(そのためにも)午前中からの飲食を少なめに、(可能な限り)お腹を空かして行くように心がけています。(仙崎へは)入院前(2019年3月末まで)の150数回で(一端)終了しましたが、その後(退院後)、血糖値などを見ながら、手探りで行っておりました。7月に入ってから、毎朝食前の測定も安定(125~145)体重も66~67キロ前後に推移しています。それこそ、食べすぎに気をつけ、間食は全く致しません。そんな訳で、旅行中以外は(ほぼ)「仙崎」詣でをしているのです。

その際に(自称)「ドライブ道楽」が開始されるのです。妙な道楽で、可能な限り “異なる道 “ を選んで長門市に向かうのです。皆様には(実に)申し訳ない “浪費道楽” と言われても仕方のないアクションではあります。丁重な理屈としては、ストレスをためない、(言いたいことを言う、好きなものを食べる、妙な?遊びからの絶縁)、この三点が(最もな)言い分に他なりません。まあ、本当に贅沢な行動ではありますが、、、

最近の行き来にて、①長門市油谷町の向津具半島(大浦漁港)の先端「俵島」日置(へき)海側~「黄波戸温泉」(きわど)経由、②美祢市美東町から「木間(こま)」=萩市山田~三見の山間部~三隅バイパス経由、③山陽小野田市厚狭~楠町万倉(まぐら)山間部~「秋芳町」秋吉~三隅町経由 この辺りが目新しい動きであります。これらは「ドライブ道楽」ですから、車の燃料代は(当然)かさんで来ますが、自分のフトコロ具合から計算しても、妙な?遊びに比較して、これは(確実に)格安なのです。(爆笑100%)

この3ルートは、生まれて初めて通過する地区もありますし、それぞれの地域の実態や風情を感じることが出来るのです。まあ、追々その感じたことなど述べてみたいと思っています。そして、様々な “ 仙崎参上ルート ” に於いて、昨日の早朝(久しぶり!遂に!)、一大決起?なる “ 奇人~変人 大アクション劇” をやり遂げました。次回に続く、、、