カテゴリー別アーカイブ: 東京海上日動あんしん生命㈱

「ライフワーク」?はどうなったの? その3           2018年度 「フロンティア倶楽部」 挑戦!

肝心な「仕事」の話を少しばかり(ライフワーク その3)。2018年度も「上期」が終わり、今月は既に「下期」に突入しています。昨日(16日)の18時半から「一の俣温泉グランドホテル」に於いて、2018年度「東京海上日動グループ」全国大会(兼業代理店:対象)である「フロンティア倶楽部」入賞基準突破に向けて “ 決起大会 “ を催しました。弊社から5名、東京海上日動グループから7名の参加でありました。(双方応分・費用負担)全国入賞に向けて気合を入れるためです。

毎度の話ですが、この「全国入賞」には(正式には 感謝状贈呈式)二つの部門があります。一つは「一般種目」部門です!「自動車保険」や「自賠責保険」その他もろもろ「新種保険」~「火災保険」であります。(そして)二つ目が「生命保険」部門なんですね(正式には、生保・長期第三分野)。それぞれ実に厳格、実に過酷な入賞基準があるのです。「東京海上日動グループ」の代理店になって(何と)(既に)今年で30年目に入りますが。(その)ほとんどの年度に於いて「全国入賞基準」を突破して来たのです。

一番?過酷な種目が「一般種目」の入賞基準であります。その中でも「自動車保険」では、①“ 損害率 ” 60%未満 それと、②“ 対前年収保500万 ” 以上の増収!、③「自動車・火災・新種」早期更新率(4週間前)70%以上   この3つの関門が、とてつもなく超難関なのですね(自動車保険換算で、おおよそ毎年100件以上の新規)。

まあ、専門的な話はさて置いて、やれば確実に入賞できるのが(二つ目の)「生命保険」部門であります。弊社社員の諸君のお陰で、現在AAP1300万まで来ております。絶対入賞基準が、AAP2000万ですから、到達可能な数字になりました。契約件数にして、アト40件強でしょうか?何が何でも、やらなければなりません。

≪ 筆者は、もっぱら旗振り役でありますが、それだけではダメですから、自らの性根(しょうね)を叩き直して、邁進する覚悟であります。「ガン保険」「入院保険」などが、その生命保険商品ですね。ひたすら頑張るしかありません。≫  

=====

将棋「新人王戦」第二局、始まりました。「藤井聡太」七段 対 「出口若武」三段。第49期 新人王戦 第二局 三番勝負!⇒本日 10月17日
第一局は、「藤井聡太」七段が勝利しています。(10月10日 112手)

『追記』15時ジャスト!「藤井聡太」七段、勝ちました!最年少の「新人王」誕生です。105手 16歳2ヶ月 「新人王」優勝のタイトルは、「八大タイトル戦」ではなく、「一般公式戦」になります。
既に「朝日杯」(一般公式戦)で優勝しています。次年度、年齢が若くても、(6段までですから)出られません。応援団の一人として、良くやりましたね!

「ド田舎会長」を 囲んで? OB & OG “ 同志会 ” (響・品川店)

スナップは、先々月の下旬に行った(7月26日 18時~21時)「東京海上日動火災:山口支店~下関支社」在京のOB~OG皆さんとの懇親会です。10年~20年~30年振りの再会であります。久しぶりに、楽しいひと時でした!筆者は「同志会」と思っています。⇒当初は「札幌」で開催される「全国大会」出席の帰りに、行なう予定でしたが、“ 西日本豪雨 ”で中止、この日になったものです。あしからず、ご了承願います。

≪ 在任当時の役職 ≫ 
◎後列左側から ・「斉藤彰彦」山口支店長 ・「京極常子」山口支店長 ・「植平光彦」営業課長 ・「植平 夫人」 ・「斉藤 夫人」 ・「一法師士朗」下関支社代理
◎前列左側から ・「岡村直樹」下関支社代理 ・「仙石昇士」営業課長 ・「ド田舎会長」 ・「石塚敏明」営業課長 

《 雑学 》ネットで調べました
◎「京極常子」さん、お父上が(京極高晴)豊岡京極藩(氏)15代当主(現在の兵庫県)(日本郵船副社長から靖国神社宮司)叔父上は「京極高光=杞陽」(俳人)
◎「仙石昇士さん、上田藩城主⇒仙石氏=初代「仙石秀久」~2代「仙石忠政」の末裔か?(北陸・甲信)現在の長野県 直系かどうか?調査中!

★ブログ内「コメント」をされる場合、メールアドレス & URL の記載は無しでOKです!但し お名前は解るようにお願いしますね。