ナスビ(茄子)が美味しいですね!

茄子はナスビ 茄はナス ご当地では 「なすび」と言いますが、実に美味しいですね。料理も多種多様あるようですが、我が家では(もっぱら)「ナスビの味噌炒め」 が定番でした。それと今年はやりませんでしたが、「ナスビの辛子漬け」ですかねえ!こればかりは(色々と)流儀があるようで、家内のミツエさんもしませんね。(過去)お願いしていたお二人のおばちゃんも、高齢につきダウンされ、今年は無理が言えません。

それが、先日、浮石地区の「津田義信」さんから電話があり、おおよそ50本ものナスビ(未だ幹にぶら下がっているもの)を頂戴し、何と何と!ミツエさんは「焼きなす」をしたのです。フライパンにオリーブ油をひいて、裏表をこんがりやきますね。それから大皿に並べて(きざんだ)「青じそ」を乗せ、「酢味噌」を掛けて完成です。一度に3本分はいけますねえ!今年の夏は猛暑ですが、実る前にダメになった!方々も結構おられます。「ふるさと市」「道の駅」などで3本前後で130円~150円で入手可能。

酷暑から「お盆」と「野菜」類が 全て高い!ですね。(何と?)ド田舎会長は、スーパーマーケットにも行くのです。夕方7時頃から、2割引~3割引がスタート、その後5割引のベテランですね。(爆笑1)特に「鶏のから揚げ」「トンカツ」「焼きそば」「パンの袋売り」筆者お得意の惣菜です。それから冷凍モノは「ギョウザ」「焼き飯系」「アイスクリーム各種」(サンマート&丸和系 アルク系 ゆめタウン系 などなど)5年前「らっきょう漬け」を始めてから、スーパーに良く行くようになりました。(「お多福らっきょう酢」6本入りを箱で購入 (個人購入)記録保持者でしょう=6箱プラスα)(爆笑2)

イギリスからみた「幕末長州藩」 講師 (田口由香)氏  大島商船高等専門学校  准教授

演題「イギリスからみた、幕末長州藩」 ↓ 講話中に記したのでご了解を、、 
「亀山八幡宮」2Fにて 下関夜話会 第388回 8月17日10時~11時半
主催「下関東部の文化財を見直す会」

★豊田町から2名 伊藤涌二⇒ド田舎会長 & 藤本貴司⇒西市公民館長&殿敷区長  参加者おおよそ50名 (帰り際)筆者高校の同級生にバッタリ(野尻臣孝)君

ーーーー

「マルチ・アーカイヴァル・アプローチ」国外の「外交文書」などからの日本の歴史を研究する!いわば 複数の外交文書から日本を探る(ことらしい)

世界地図における「日本」の位置は?(ヨーロッパの世界地図)⇒極東 一番右の端

1868年(明治元年)平成30年は 明治維新から150年
英国⇒「自由貿易帝国主義」
日本の幕末 → 「産業革命」→ 軍事・防衛の必要性から
長州藩は「攘夷派」なのか?「開国派」なのか?⇒当初は「攘夷」徐々に「開国」へ

1853年  ペリー浦賀来航
1863年  長州ファイブ(密航留学)
ユナイテッド・イングランド(グレートブリテン)
周布政之助→攘夷のアトに、自ら積極的に開国へ向かう=将来的な開国を想定
攘夷から 開国へ舵を切る
1863年 ロンドンに「地下鉄」が開業(アンダーグラウンド)
長州ファイブ 驚く UCL=ロンドンカレッジに記念碑)University College London
 →伊藤俊輔 井上聞多 野村弥吉 遠藤謹助 山尾庸三

「下関戦争」は、報復攻撃か?⇒単なる報復攻撃では無い!
 ⇒優位な軍事力誇示の成功(英国)
 英国に長州砲あり(下関砲台=前田~壇ノ浦ほか)⇒イギリス軍持ち帰り(英国王立大砲博物館)
 ★下関海峡(関門海峡)の詳細な地図あり(この時代の測量技術に驚愕)
欧米に対抗する(強い)「国家」作りを目指した。(長州は)それに成功した!
植民地にならなかった!その要因⇒木戸孝允(桂小五郎) 井上馨(聞多) 井上勝(野村弥吉) 伊藤博文(俊輔) 山県有朋(狂介) などなどの働き

==============

プロフィール ↓ ネットから

大島商船高等専門学校准教授 田口 由香 氏

出身
1976年 山口県下関市生まれ

主な経歴
・下関市立大学経済学部経済学科卒
・広島大学大学院教育学研究科(学術博士)
・山口県史編さん室 明治維新部会専門委員

主な編著書
2009年
「高杉晋作 上海渡航から奇兵隊結成へ」
『幕末維新人物新論』笹部昌利編(昭和堂)
2008年
「文久二年藩是転換までの長州藩の動向」
『山口県史研究』第16号
2006年
「木戸孝允」他
『図説萩・長門の歴史』樹下明紀編(郷土出版社)
2015年
「薩長同盟締結と桂小五郎」
『歴史読本』(KADOKAWA) 3月号