月別アーカイブ: 2013年10月

園外保育 (西市こども園)   叙情歌/唱歌 < 旅愁 >

★8番目のマゴが弊社の前を通りがかりました。幼稚園の外への「お散歩」?でしょうか。どうも内弁慶のような気配、人前では恥ずかしがる!ようです。女の子の手だけはしっかり握っています。皆様、ご苦労様です。
10_31_03

10_31_01

10_31_02

《独り言》昨晩は(色々と)ショッキングなことがあって23時過ぎには寝ましたよ(Rakutenの先発~リリーフ陣のTeitaraku)。人間の弱さを観ましたねえ!まあ、気分が優れないときは寝る!に限ります。
半年振りに人様の前で(希少なる?)演奏をすることになりました。Yaru以上は一生懸命しなければなりません。昨年も「ふくろうの森」でミニ演奏会をさせて頂きました。(秋の交流収穫祭)高熊:中山間(ちゅうさんかん)事業のリーダーをしておられる「中原邦彦」さんの要請によるものです。今回はヴァイオリンの堤瑞希さんは欠場されますが、何と!何と!尺八では全国区の「後山邦秋」師匠(プロ尺八奏者)が助っ人で参加されるのです。師匠が運営されている「呼夢奏グループ」の生徒さん5~6名、そして「幸音響」の若松幸雄代表も手助け頂けます。今回は屋内での演奏会となりますが、さて?どのような結末になりますでしょうか?

・筆者の受け持ちは、「呼夢奏グループ:尺八奏者」の清水尋子さん&田邊祐三子さんとのコラボになります。そもそも、(今回はキーボード)合奏は実に難しく、特に(筆者は)旋律を主で演奏しますから、同じ旋律を弾く楽器(今回は尺八ですが)とはHamoru訳がありません。旨く行く確率度は低く、やって見なければ判りません。苦笑 まあ、それでも秋の収穫祭に花を添える?意味では、素晴らしいDEMO演奏会になることは確実であります。演奏する曲目の歴史を調べてみました。何十年そして百年以上経った(昔の)曲ですが、全く新鮮で(改めて)感動を覚える!これこそが名曲なんでしょうね!筆者の受け持ちは6曲ですが、少しばかり歴史をひも解いてみましょう。

その一 『旅愁』

1.更け行く秋の夜(よ) 旅の空の
わびしき思いに 一人悩む
恋しや故郷(ふるさと) 懐かし父母(ちちはは)
夢路にたどるは 故郷(さと)の家路
更け行く秋の夜 旅の空の
わびしき思いに 一人悩む

2.窓うつ嵐に 夢も破れ
遥(はる)けき彼方に 心迷う
恋しや故郷 懐かし父母
思いに浮かぶは 杜(もり)の梢(こずえ)
窓うつ嵐に 夢も破れ
遥けき彼方に 心迷う

「旅愁」の曲は、原曲がアメリカなんですね。(今から150年以上も前、1850~1860年代に作曲された曲ですから、日本では江戸時代の末期(時は幕末)黒船来航、吉田松陰(先生)がSyokei(安政の大獄)、新撰組~池田屋事件、さらに坂本竜馬がAnsatuされる頃、(同じ時代に)このようなメロディが誕生したことになります。原曲は、「家と母を夢みて」作曲家はオードウェイ わが国には1907年(明治40年)に、熊本県出身の「犬童球渓」=いんどうきゅうけい によって紹介され、歌詞が作られたとのこと。どこと無く日本の楽曲のような錯覚をしますがアメリカ産なんですね!故郷(ふるさと)や田舎に残る「両親」のことを想う気持ちが、実に素晴らしく表現されていますね。ふるさと(球磨川~渓谷)を偲んで「球渓」の名前にしたのでしょう。名曲であります。このたびは、Fコード=ヘ長調で演奏します。


ブログランキングに参加しています。
現在のランキングは、位です。
ド田舎会長の記事を読まれた方は、
ぽちっとクリックお願いいたします。下の田舎暮らしの画像をクリックください(*^。^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

10月のおみやげ    「野生ザル」の群れに遭遇!怖いですよ~

10_30_01

10_30_02

10_30_03


《独り言1》昨日の午後、「一の俣温泉グランドホテル」に出向きました。社員の「堤瑞希」さんに会うためです。フロントロビーに行きますと、何と!何と!多くのお客様で一杯!平日の火曜日なのに?何故?最近、秋ともなるとグランドホテルではお客様が多いとのことでした。何でも「じゃらん」のネットでの予約が半分以上占めるそうで、近場の地元住民でさえも、ネット申し込み(予約)をするとか?筆者は、ホテルのことは殆んど判りませんが、世の中はかなり進歩して来ましたねえ!(中高年=熟年?の夫婦づれ~小グループ~ 旅行社経由?)

・筆者は知らなかったのですが、じゃらん=Jalan の由来は、「道」「プロセス」を意味する「インドネシア語」から来ているそうです。それと、JalanのL=エル を、Pに代えると「Japan」になるし、そのL=Leisure(レジャー)との意味からも命名されたとか?これにより、インターネットで「旅館」や「ホテル」を申し込む「じゃらんネット」が急速に普及してきた!ということでしょう。

《独り言2》肝心な話に戻りますが、「堤瑞希」さんへの面会のことです。実は、11月3日の「ふくろうの森」コンサートへの「ヴァイオリン」演奏のお願いに行ったのですね。(過去筆者とは)数度となくコラボをしておりますので、懇意な間柄ですが、チョッと無理みたいな気配、、、。当日の11/3は日曜日、とてつもなく予約でホテルは満室、ザックリ宿泊予約表を眺めましたが、やはり紅葉のシーズン、A3の予約表は小さい字でギッシリ、はみ出しておりました。という事で今回はペケ!となりました。

・おまけの話!帰り道(ミニバイクにて)「ふるさと:スーパー林道」経由で帰ることにしたわけですが、何と!何と!一の俣温泉から1キロ入った所で、野生ザルの群れ(おおよそ20匹)に遭遇?しましたよ!顔は真っ赤!Osiriも真っ赤!毛は未だ茶黒色、アスファルトの道路上を横断していたのです。サル!サル!ですよ!初めは逃げないですねえ!目と目が合って!そこで筆者は「大声」を出しましたよ!コリャー!XXXXXX!○○●●●、、、やはり歯を剥きそうな気配、大声で泣き叫ぶし、結果は筆者の勝ち、山の中に逃げ込みました。やはり「野生ザル」との にらめっこは、(あんまり)するものではありませんね!実はチョッと恐怖感を覚えました。今度遭遇したら、無視して逃げるが勝ちでしょうねえ?

ブログランキングに参加しています。
現在のランキングは、位です。
ド田舎会長の記事を読まれた方は、
ぽちっとクリックお願いいたします。下の田舎暮らしの画像をクリックください(*^。^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ