月別アーカイブ: 2021年1月

海外「思い出」ゲンティン・ハイランド(マレーシァ)

海外旅行での「思い出」を セレクトしています。許せば、又行ってみたい処ですが、だんだん歳を重ねていますから、どうでしょうか?難しいですかねえ?

本日、紹介する処は、「ゲンティン・ハイランド」(マレーシァ)です。一度しか行っていませんが、カジノ好きの自分に取っても、実によくできたレジャーランドでしょう。大きなホテル「ゲンティン・ホテル」「ハイランド・ホテル」が、1700㍍の山頂にどっしりと構えています(ほかにも数ホテル)1700㍍ですよ!その頂上です。

タクシー&自家用車で(玄関口まで)当然いけます。大きな遊園地(レジャーランド)エンターテーメント的な「コンサートホール」もあります。縦の勾配にお店が連なっています。「コンベンションセンター」& 「ショッピング・モール」などなど充実しています。

お食事処(レストラン)が、至る所にあって、ここが山のてっぺんとは(到底)思えません。マレーシァの平地気温が、35℃以上あっても、この山頂は、何と15℃なんですね。下界が天候が悪くても、ここは好天だったり、又 逆に(急に、この山のてっぺん)悪天候で大荒れ(台風のよう)の時もあるのです。(避暑地→高所リゾート)

1200㍍の辺りから、ロープウェイ(スカイウェイ)で繋がっており、降りて 又 上がったりしました(乗合バスはここまでか?)。これも一興です。コンサート・ホールでの催しもあって、満員の盛況でした(何か忘れました)。あれからだいぶ時間が経過していますから、ごく最近の様子はわかりません。土曜日~日曜日は(多分)ごった返していると思いますよ!

カジノの話ですが、その後、(隣国)シンガポールに2ヶ所「マリーナ・ベイ・サンズ」と「セントーサ島」にオープンしていますから、お客さんの出入りは(さて)どうでしょうか?チャンスがあれば、ぜひ~~再訪してみたいですね!レート(カジノ 最低掛け金)もそれほど高くなくて、手ごろに遊べます。前回はチャラで、少しプラスだったか?お食事は、ホテル内は五つ星レストランですし、ファースト・フード店(屋台風)も たくさん~たくさんありますから、ウロチョロするだけでも面白い処です。

☆クアラ・ルンプール空港から(少し離れたところ)、路線バスが出ていますし、自分はタクシーで行きました。日本に比べたら、すべてがお安く感じますね。ここは「マレーシァ」

明日は「シルク・ド・ソレイユ」(太陽のサーカス)について、をお送りします! その後「マカオ」(中国 特別行政区)へ参ります、、、、

現在検討中は「ペナン島」について~隣国「シンガポール」それから「タイ」「ベトナム」「ドバイ」(UAE) なども、お伝えしましょう。「香港」 「ハワイ」 「台湾」 そうそう「イングランド」の総合版もありますね!(苦笑)

海外「思い出」チューブ=地下鉄(ロンドン)

ロンドンの続きですが、家内と二人での自由時間、ロンドンのあちらこちらを散策しました。そのほとんどが「地下鉄」の利用なんですね。世界中の色々都市で、地下鉄が走っていますが、「メトロ」何々、と言いますね。ここロンドンでは   地下鉄「メトロポリタン」駅    「メトロポリタン」線があって、フランスのメトロも、東京メトロも、ロンドンの(この)メトロポリタンが、(語源の)発祥ではないか?と思いますが、、、

ここの地下鉄には「アンダーグラウンド」の表示がされています。日産のマークにそっくり、丸い「わっか」→環っか に横の文字、ご当地では(愛称で)「チューブ」と言われているようです。なるほど、チューブ、管?(くだ)ですね!電車の大きさギリギリのトンネル、日本での感覚とは(かなり)異なります。それと、かなり迷路のごとく張り巡らされており、乗り換えの際、場所によっては、300㍍?以上、地中トンネルを歩くこともありました。☆色々調べましたが、アンダーグラウンドのマークと、日産のマークとの、関係性はないようですが、日産はダットサンそして、英国のオースチンとの関係が深いので!さて本当の処は?

地下鉄と(地上の)バス、同じ切符で乗れるように表示がありましたので、市内バスにも乗りましたが、とんでもない方角に行って、慌てて下車、地下鉄オンリーに決めた!失敗があります。(苦笑)この地下鉄(チューブ)を利用しての、ロンドン移動がお勧めですね。

〇「大英博物館」(世界中→植民地からの・・・・品) 〇「バッキンガム宮殿」(衛兵交代式の見学を見ました) 〇「ハロッズ」百貨店  〇大観覧車(ロンドン・アイ)すぐ近くの→ 〇「ビッグベン」(国会議事堂 時計台) などなど 地図と地下鉄路線図をにらめっこしながら、移動するのも一興です。

地下鉄の車内は、たいてい満員に近く、アフリカ系(中東かも?)の青年(複数)が(我々二人を見て)席を譲ってくれました。これは驚きでしたねえ!案外と「白人~白人系」の乗客が、あまり乗っていなかったような気配、まあ、我々はOUSYOKU人種ですから、どうでしょうか?アメリカとは違った「多民族国家」の様相が、しましたねえ、、なかなか根深い・・事情がありそうな感じでした。☆二階建てのバス(ダブルデッカー)には、結果、乗っておりません。そして「ブラックキャブ」(ロンドンタクシー)には、一度だけ乗車しました。

======

☆全英ゴルフですが、石川遼選手は予選落ち、入場口でケイタイ&カメラお預け、選手に付いていくことは、全く無理ですね(ものすごい人出)。スタートと、その近所のコースを見ただけで、話になりませんね!車で連れて行ってくれた「由紀ちゃん」ご夫妻には、感謝しております。ご主人、運転 諸々、ありがとうございました。

「英国」イングランドの「思い出」は、(ひとまず)終わります。明日は「ゲンティン ハイランド」(マレーシア)の様子をお伝えします。