「男子スキージャンプ」で、大記録が、、(小林稜侑 選手)

本日(1月7日)深夜 男子「スキージャンプ」大会で、大記録が出ました。色々なスポーツがありますが、スキージャンプと言えば、「高梨沙羅」選手の「女子スキージャンプ」の(諸々)大記録が有名で、テレビ観戦で良く存じております。今回の男子のスキージャンプは、最近全く観ておりませんでした。(注)高梨選手→ワールドカップ(男女を通じて歴代最多)55回の優勝ほか

男子スキージャンプ大会では「スキージャンプ週間」と言う大きな大会(4大会)があるそうで、存じませんでした。毎年の年末から年始にかけて(8日間で)、「ドイツ」と「オーストリア」の二カ国(2試合ずつ)四試合やって、その全てを勝利したことを「グランド・スラム」達成!と言うそうです。知りませんでした!1952年から始まっている。(67年も前からの「スキージャンプ週間」大会、永い歴史を感じますね!)

「小林陵侑」選手です!(22歳)現地時間で ①ドイツ=12月30日 ②ドイツ=1月1日 ③オーストリア=1月4日 ④オーストリア=1月6日(日本時間Live放映本日7日の0時半~3時過ぎ)大会の地名は、長くて難しく割愛します)このグランドスラムの達成者は、過去二名(だけ)だそうで、ドイツ選手(2001年~2002年)それから、ポーランド選手(2017年~2018年)!とのこと。4大会のうち、3回優勝した選手(20名前後)の中には、何と(2名の)日本人選手がいたのです。チョロット調べてみますと、①「笠谷幸生」選手=1971年~1972年 ②「船木和喜」選手=1997年~1998年ですね。☆(注)(日本人の)総合優勝は、過去「船木和喜」選手のみ、今回で二人目、、

『今回の4大会連続の優勝、これは、ビッグニュースであります。』

☆(余談)表彰式で、日本国歌が流されましたが、最初に今大会の表彰がされた際、国歌が二回も流されました。その後、「総合優勝」の表彰式でも、国歌が流されました。全部で3回(3度)と言うことになります。案外と曲が短いので、二度流したのでは?前代未聞な話題です。

「錦織圭」選手 優勝しました!ATPテニス(ブリスベン国際)

1月6日夜、先ほど ATPテニス 豪州=「ブリスベン国際大会」にて「錦織圭」選手、優勝しました。対「メドベージェフ」選手(ロシア) 6-4 3-6 6-2 (WOWOW Live)  この大会の第1シードは「ナダル」選手(スペイン)でしたが、急きょ欠場しました。錦織選手は、第2シードでした。一回戦不戦勝ち、二回戦「クドラ」選手に勝利!(アメリカ)準々決勝戦で「デミトロフ」選手(ブルガリア)に勝利!  準決勝戦で「シャルディ」選手(フランス)に勝利!(全てストレート勝ち)。そしてこの優勝!(今年)2019年度の錦織圭選手は、ちょっと違いますね!今月14日から始まる「全豪オープン」グランドスラム=四大大会(メルボルン)も応援しましょう。

☆(参考)獲得ポイントは250 優勝賞金は1080万 「ブリスベン」はオーストラリアの東海岸で時差はプラス1時間、季節は真夏(日本と逆)、日中の気温は28℃前後、過去一度行ったことがあります。近くの「ゴールド・コースト」が有名、カジノがありました。