カテゴリー別アーカイブ: 戊辰戦争

「世良修蔵」b(明治維新150年)&(戊辰戦争150年)

「世良修蔵」について、二回目のコメントをします。長州藩士「世良修蔵」山口県大島郡椋野町(現在の周防大島町=第二奇兵隊)が「戊辰戦争」の始まりの頃、(深夜)奥羽福島の金澤屋で襲撃され、阿武隈川で斬首された。昨今、この「世良修蔵」惨殺が(歴史学者や歴史愛好家の間で)研究?~再考?されています。「世良修蔵」の人物そのものは(実際)どうだったのか? 「司馬遼太郎」や「早乙女貢」などからミソクソに書かれ、NHKテレビドラマや民放テレビなどでも、その表現には目を覆いたくなるような悪行三昧の表現であります。(長州~山口県に来てその素性なりを調べたのか?本当の「世良修蔵」はどうだったんだ!などなど)

☆「世良修蔵」長州藩士 僧月性派 第二奇兵隊(軍監)大島口の戦い 鳥羽伏見の戦い 奥羽鎮撫総督府:下参謀(実質の指揮官) 福島金澤屋で襲撃される 阿武隈川で斬首  宮城蔵王白石「陣場山」に墓所

★それはそれとして、(戊辰戦争について)ここ数年の間(歴史研究者によって)、様々な事象(新資料)が発掘(発見)されています。

①会津戦争(1868年)「市中に転がる屍(しかばね)、一年間葬ること無かれ!」、これは新政府側(特に長州藩)が言った!とされる(会津地方での)伝承ですが、→(新政府側が会津に対し、死者の埋葬を禁じていたという伝承)強烈ですね!
☆元会津若松図書館の「野口信一」氏の(会津戦争)史料研究で、(新政府による)「埋葬許可証」並びに「埋葬者一覧表」などが、会津藩士の子孫の遺品の中から発見され、(ごく最近のこと、ここ数年前)注目を浴びています。

②俗に言う「世良修蔵」の悪行三昧ですが、元柳井図書館長「谷林博」氏が、5年に渡っての(東北地方)調査により、「世良修蔵」の人物像が明らかにされて来ました(学者タイプ、超真面目、インテリ)。東北での聞き取り調査で、“ 世良は気の毒な人だった!” → 白石城主の末裔(片倉信光氏の弁あり)(昭和49年9月発行、歴史書「世良修蔵」による)かなり歪められた伝承となっています。
宮城県白石市福岡蔵本「陣場山」に建立されている(実に立派な)墓所(明治天皇が、東北行幸時立ち寄り 木戸孝允 献灯)、福島市舟場町「長楽寺」での150年法要=筆者参列(50年ごとの法要が行われている)、福島市宮町「福島稲荷神社(裏手)」にも、立派なお墓が建立されています。

③江戸幕府末期から明治新政府にかけて(幕末期)「孝明天皇」の崩御(35歳で急死(崩御)=天然痘? Anーsatu??)孝明天皇直筆の「会津藩城主 松平容保(かたもり)」に対して、信任状?らしき書状が発見されたこと(ごしんかん=手紙?)。その後の「王政復古の大号令」や「錦の御旗」???などとの絡み。その時期、明治天皇の年齢は(若干)16歳? 天皇→天皇の取り巻き公家の新政府寄り など、公家の主導権争い、策略?謀略などなど、新政府側のリーダー(重鎮)(西郷隆盛 大久保利通 木戸孝允 岩倉具視ほか)の・・・・?のきな臭さを感じますね!(若き「明治天皇」周辺公家の囲い込みなど、闇から闇、謎な部分が多いのです)
続く、、、、

★筆者の「世良修蔵」惨殺について
①長州藩内での権力闘争(派閥争い)⇒吉田松蔭派と僧月性派 
②余りにも切れ者であった為、「捨て駒」とされた?⇒奥羽地方制圧の為(先に手を出させた→仙台藩士他 「金澤屋」襲撃は案外 予測の範囲では?)
③長州人特有の言葉使いが(高圧的な言動や振る舞い などなど)封建的な武家社会を 怒らせたことは事実であろう。 
④開国を急ぎ、日本全土の早期統一を考えた (新政府軍は)奥羽地方の制圧が必須であった! 
 
 A「新政府軍」⇒「幕藩体制からの離脱」新日本国家の建設 
 B「奥羽列藩同盟軍」⇒ 武家社会の大義を貫いた。 

 特に新政府軍と「仙台藩」「会津藩」「庄内藩」との戦い(戊辰戦争が拡大へして行く)

 (会津白虎隊、生き残り少年隊士!) 「飯沼貞吉」  『 恩愛の碑 』 について

戊辰戦争の最中、若き「白虎隊」20名が、飯盛山から「会津若松城」=鶴ヶ城 が燃えているとして自刃(集団自害)した話は有名ですが、その中に一人だけ生き残った(助けられた)隊士がいましたね。この隊士の語り告げられたことにより、その自害の全貌が明らかになったと言われています。(実際は「鶴ヶ城」は燃えておらず、城の傍の「日新館」や街並からの炎上の煙を勘違いしたものです)

筆者も(全く)存じませんでしたが、お隣の美祢市東厚保町の小杉地区に、「飯沼貞吉」少年隊士が2年間養育されいたことが発覚(20数年前頃)、永くに渡って「口伝」のみにて伝えられていたようです。(東北の地から連れ帰った長州藩士)→「楢崎頼三」子孫、養育に携わった「高見家」や生き残り隊士「飯沼貞吉」の子孫や関係者が一同に会して「恩愛の碑」の除幕式が行われたそうです。(平成28年年10月15日のこと)

(下関市豊田町と美祢市東厚保町の境界)僅か数キロしか離れていない、そして何度も「小杉」地区を走行してきた筆者にとっても(飯沼貞吉養育のこと)全く存じ上げなくて申し訳なく思っています。家内「ミツエ」さんの旧友「壱岐初枝」さんは(現在小月在住)、高見家の子孫になるそうで、「白虎隊の会下関支部」のメンバーであり、記念碑建立委員会の実行委員をされてたとか、、筆者地元、豊田町(中の川地区)から美祢市保々(ほうほう)地区、ここから東厚保方面に山越えをすると(約1キロ)「小杉」地区となります。(保々地区は、美祢市に編入前は、当時の豊浦郡豊田町(現在の下関市豊田町)でありました。何でも11対10の僅差で美祢市へ編入したとか?(余談)
なお、(冊子によりますと)平成30年3月4日 会津から松平家14代当主「松平保久」氏がこの地を来訪されています。

★「読売新聞」平成28年10月16日の記事 転載 ↓

戊辰ぼしん戦争で敗れ、自刃を図った白虎隊の唯一の生存者が引き取られたと言い伝えられる美祢市東厚保の小杉地区に、この伝承を記念する「恩愛の碑」が建てられた。除幕式が15日、地元で行われ、長州藩士や白虎隊士の子孫らが出席。過去の憎しみを乗り越え、未来に向かって手を携える尊さを訴えた。

 記念碑は県産の御影石で作られ、縦約1メートル60、横1メートル80の屏風びょうぶ形。歴史愛好家らでつくる「白虎隊の会下関支部」(下関市)と美祢市民で構成する実行委員会が寄付を募り、約450万円かけて建てた。

 同支部によると、白虎隊は1868年、長州藩などからなる新政府軍の攻撃を受け、敗走。一部が自刃を図ったが、飯沼貞吉(1854~1931年)が生き残った。小杉地区の庄屋だった高見家では、長州藩士の楢崎頼三(1845~75年)が飯沼を保護し、高見家に預けたと言い伝えられているという。

 飯沼の世話をしたとされる高見フサの子孫で、同支部長の吉井克也さん(69)が、この伝承について調査。2008年に飯沼の孫の一元さん(73)(東京)と知り合った。一元さんが記念碑の建立を提案し、吉井さんらの呼びかけで昨年5月、実行委が発足した。

 除幕式には、一元さんの兄弟や楢崎の子孫・松葉玲子さん(81)(東京)らも参加。飯沼や楢崎の名が刻まれた記念碑が披露された。傍らに設置された説明板には、助かった後も自刃を図った飯沼に対し、楢崎が「今からは日本人が心を一つにして、この国を強くて豊かな国にせんにゃいけんのじゃ」と諭した逸話が記されている。

 松葉さんは「楢崎が当時、危険を顧みず、見返りも求めずに貞吉を守った英断が今日につながった。石碑をきっかけに、二人の関係を知ってもらい、平和を考えるきっかけにしてほしい」とあいさつ。碑の近くでは、会津特産の「みしらず柿」と、萩の「夏みかん」の苗が植えられた。

 吉井さんは「恩讐おんしゅうを越えたつながりが実際にあったことを知ってもらう場になってほしい」、一元さんは「会津では今も山口県に対し、悪感情を抱く人がいる。記念碑は、過去の恨みをひきずらず、新たな関係を作るための礎となってほしい」と話した。(読売新聞より転載しました)↑

★詳しくは「飯沼貞吉」~「恩愛の碑」ネットで検索願います。なお、白虎隊自刃の時期には「世良修蔵」は、既に惨殺されています。それと「会津」攻めの指揮官は「板垣退助」(土佐藩)であります。参考まで、、