藤井聡太」カテゴリーアーカイブ

「将棋」(藤井聡太 棋士)の話題を少々

皆様方は、それほど「将棋」に関心は無いかも?知れません。(既に、ご存じとは思いますが)若干18歳の高校生が、なんとなんと、二つのタイトルを獲得しました。そして、気が付けば、八段になりました。八段ですよ、18歳ですよ!、理屈抜きに凄い若者であります。<四段からプロ棋士と呼ばれます>(藤井聡太:二冠)⇒ 棋聖~王位

直近の棋戦では、「八大タイトル」の一つ「王将戦」にて、出足からつまずき(3連敗から3連勝)結果 3勝3敗 これは 「渡辺明」王将への挑戦を決める(勝ち上がった7名による)「挑戦者決定リーグ戦」なんですが、四位同率でしたが、規定順位で劣り、4名のシード棋士に残れませんでした。次年度は二次予選からの出場です!残念。

☆ ①豊島将之:二冠(竜王~叡王)  ①永瀬拓矢:王座 ③羽生善治:九段  ④広瀬章人:八段  ☜(シード圏内に残った四名)=王将戦

☆王将のトップは「渡辺明」三冠(名人~棋王~王将)

☆永瀬 豊島 両棋士 共に5勝1敗のため、今月30日に「挑戦者決定戦」(プレーオフ)が行われます。

☆八大タイトルとは ・竜王戦 ・名人戦(順位戦とも言う) ・王位戦 ・王座戦 ・棋王戦 ・頴王戦 ・王将戦 ・棋聖戦 の八つですね。その他に、一般戦がありますが ・朝日杯オープン戦 ・銀河戦 ・NHK杯 ・将棋日本オープン戦(JTプロ)・新人王戦 他 などなど

「藤井聡太」二冠から、(これからも)目が離せませんが、「羽生善治」九段の大記録(99期タイトル獲得)を超えることは、まあ〇〇〇と思っています。まあ、25年か?30年後の話ですが、それを確認するには、(我々が)105歳まで生きながらえて、見たり聞いたり出来なければなりません。(大爆笑)

☆さしあたり「天敵」の「豊島将之」二冠の攻略方法を探し出さなくては、、、どうにもなりません。興味にある方は、研究して「藤井聡太」二冠に教えてあげてください。天敵に勝つには、天敵にならねば、、もう「トラップ」の世界でしょうか!いや、、いや、、必ずあるんです。

【筆者が勝手に決めた(棋士)総合実力 ベスト5】 一位「渡辺明」三冠  二位「豊島将之」二冠  三位「藤井聡太」二冠  四位「永瀬拓矢」王座  五位「羽生善治」九段  2020年11月現在 (失礼しました)

 

「藤井聡太」七段 敗退!(ヒューリック棋聖戦、二次予選 決勝)

 

既に、ご存知のように(将棋)「藤井聡太」七段、負けましたね!(八大タイトル戦の一つ)ヒューリック棋聖戦の二次予選、対戦相手 「久保利明」九段( 竜王戦 1組9期 順位戦 A級12期の大ベテラン 43歳 )

朝10時対局スタート、持ち時間各3時間 一次予選~二次予選~決勝トーナメントを経て「挑戦者」となります。現在のタイトル保持者は「豊島将之」二冠(王位 棋聖)八段  昨年度「羽生善治」九段より、タイトルを奪取!

中盤~後半まで、押し気味でしたが、久保利明九段の老巧さに屈した感でしたねえ!夕方6時前、122手にて投了。(Abema TV Live ネット観戦)

≪参考≫ 平成18年度(4月~3月)現在、42勝8敗 プロ(四段)になってから、113勝20敗  ★ 順位戦C級2組の新人から10連勝後(C級1組)9連勝ならず、 「中原誠」永世名人(引退)のタイ記録に終わりましたね。今回の「ヒューリック棋聖戦」は、確か「最年少タイトル」獲得が期待されていましたが、勝負の世界は(そんなに)甘くありませんねえ!そういえば、「加藤一二三」九段(引退)の8段(最年少)昇段の新記録も、(規定では)無理だそうですが、やはり「ひふみん」は、凄いおいちゃんです!!年間最高勝率も新記録ならず?色々ありますが、、、。