「ライフワーク」?はどうなったの! その2

「ピアノ」練習(演奏) のことですが、一応 会社と 自宅に ピアノを置いています。昨今、会社では全くやっておりません。たまの夜の人気(ひとけ)が無い時に、弾く事があります。ピアノの調律は、(宇部市の)Yさん(プロ調律師)に来てもらって今年分は完了しました。。(どちらも)まあまあ良い音色でしょう。

自宅では、気が向いたときに、指の運動で弾いています。まあ、好きな曲を10数曲「勝手?演奏」?であります。不思議なことに、手の動きは徐々に上向いていますね。忘れることなく、その鍵盤の場所に行きますね。「音楽」その字の通り、音を楽しむ!それに尽きます。良い気分転換になります。

①「夢路より」1862年  ②「主(あるじ)は冷たい土の中に」1852年 ③「スワニー川」1851年 この3曲はアメリカ「フォスター」です。④「埴生(はにゅう)の宿」1823年 英国イングランド民謡 ⑤「アニー・ローリー」1838年これは「英国」スコットランド民謡です。 そして ⑥「ヘイ・ジュード」1968年ビートルズ まあ、この辺りで、終わりますが、気が向けば、⑦「北国の春」S52  ⑧「高原列車は行く」S29? これは流行歌 ⑨「蛍の光」英国? ⑩「仰げば尊し」1871年アメリカ などなどで 締めくくります。そうそう ⑪「テネシーワルツ」アメリカ1948年 もありました。このような曲が好きですねえ!★実は、楽譜はありますが、最近では、口ずさめる曲(歌える曲)では、楽譜は要りません。難しい処だけ確認はしますが、要らないのです。★演奏可能な「曲目」は、さて何曲あるでしょうか?

左手は「コード」で押さえますが、これも様々なテンポでやるんですね!どちらかと言えば、ジャズ?風にしたいですが、、、? 現在は(ほとんど)「変ロ長調」=Bb(ビー・フラット) で演奏しています。何せ!勝手?演奏ですから、他楽器とのコラボは無理であります。時たま「堤瑞希」君=ヴァイオリンに(コラボ協力)お願いします。(苦笑)ピアノを一通り学習された方が聞けば、全くのペケ~ペケ、一笑に????  逆に、ピアノの鍵盤に縁遠い人が聞かれたら、(それはそれは)「摩訶不思議」に思われるか?何故?どうして?弾けるの?まあ、こんな按配であります。(爆笑x108)

「ライフワーク」?はどうなったの! その2」への4件のフィードバック

  1. 邦秋

    音楽が身近にあるって素敵ですね。世間の風評に人は一喜一憂しますが、(そんなもの)は草の上の露、爪の上の土みたいに、儚(はかな)いものかも知れません。大地に根を張り凛とした大樹は、「毀誉褒貶」(きよほうへん)に揺らぐ事は無いでしょう。信じる道を生きるって感じでしょうか?音は一瞬で消えて行きます。音色(ねいろ)(おんしょく)と言いますが、音に色があるということでしょう。考えてみると妙なことです、妙な人に魅力を感じますから何とも厄介な私です。

    =====

    admin 訳注(ネットより) 「毀誉褒貶」⇒きよほうへん  その意味は、「ほめたり」「けなしたり」の意  
    『一例』毀誉褒貶を顧みない 「毀誉褒貶を顧みない」とは「世間の評判を、意識しないとか世間からどう見られようと気にしない」といった意味。悪い意味で言うと「どう見られようが、自分がしたいようにする」といった自己中心的な意   「毀誉褒貶を顧みずに、自分の道を信じて突き進む」

    ね‐いろ【音色】
    発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方によって生じる、音の感覚的な特性。高さや強さが同じ音でも、それに含まれる部分音の種類や強さなどによって違いが生じる。おんしょく。

    返信
    1. ド田舎会長 投稿作成者

      邦秋師匠へ
      コメントありがとうございます。昨今、日々の生活に行き詰って?オロオロしている処に、貴重なコメントを頂いて、少し気持ちが楽になりました。師匠の「妙なる音」の世界に傾倒し、音楽の世界に飛び込みました。人類社会は、所詮、宇宙のヒトコマ!全てヒト粒のもの、元は同じ元素(物質)!そんな気配を感じております。「妙(たえ)なる音」!「妙音」(みょうおん)!この響きに素晴らしさを感じます。音の世界に終局はありませんからね!

      返信
      1. 邦秋

        おはようございます。御質問の件ですが、人の命が如何に受けがたく又保ちがたいものか!と言うことを、草の上の “露”~“爪” の上の土!と表現しました。「ライフワーク」宣言!素敵です。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。