小林裕さん~岡部泰明さん ありがとう!

FaceBookのお陰にて、「小林裕」さん、さらに「岡部泰明」さんとの(ネット)交流が始まりました。同じ「豊田町西市」で生まれ、同じ(幼少の)時期を過ごしたのです。昭和の25年から35年のころ、お互い「はなたれ小僧」もしくは「ガキ大将」か!思わず、60年まえにタイムスリップしてしまって、(今)乏しい記憶を呼び起こしています。懐かしさを飛び越して、そうだ!この記憶や体験を語り継いで行かなければならない!そんな心境になりました。
最初は「ぽっぽ鉄道」西市駅:看板の場所の話題がスタートでした。その後、やめられた「内山旅館」が3階建てだったことを初めて知りました。そして「中野酒造」には、高さ40㍍~50㍍もの大きな松の木があったこと!確か40年代に伐採された!その酒蔵、当時、コトブキの銘柄そして魁(さきがけ) 自分と、悪友「中島暢彦」(すでに逝去)は、敷地内が探検場所(学校の運動場くらいの広さ)、屋根の上では大冒険、酒蔵ではコックをひねって極上の濃い新酒を飲んじゃった!とても甘かった!(内緒)

毎年の春と秋?たった(建った=開催された)「いちび」(市日=祭り)の賑わいのすごかったこと!久保商店(今は空き家)路地の駄菓子や(きもと)長正司から一区そして二区に至る、今は無き商店のかずかず!そのお店の名前が直ぐに出てきません。早速、聞き取りなどして、地図でも作ろうかなあ!と決意しました。自分の生家は、総合支所の一区画にあり「雑貨店」既に止めていた。川そばに「江木石油店」があり「山形のおっちゃんの靴や」「渡辺医院」もありました。家の前は「杉森のパン屋」さん、左隣が「永繁呉服店」その前に「みなとや」?「節ちゃん食堂」 山田川の橋を渡ると、子供ながら「敵陣地」へ侵入する心地。いわば越境、ラムネとパッチンの大勝負!続きをご期待あれ、、、(爆笑)

2 thoughts on “小林裕さん~岡部泰明さん ありがとう!

  1. 竹ちゃんマン

    子供の頃の懐かしい思い出は宝物ですね。秋風を感じる頃、ふと生まれ故郷に行きたくなって、暫く故郷の風にあたって来ました。故郷を離れて半世紀、思えば豊田町の暮らしの方が長くなりました。いま自分のルーツを探る為の取り組みを始めました。何処まで遡れるか分かりませんが、ロマンが有りますよ!会長のブログ見て故郷への郷愁再発見しました。いくつになっても童心を失いたくありませんね!男はいつまでたっても子供なのかも?

    返信
  2. Takashi

    こんばんは、由紀ちゃんの二階あった食堂の思い出は、多分今はなくなった「まるいち」にあったと思います。今は郵便局と駐車場になっています。
    「まるいち」が出来たのは、東京オリンピックの前でした。「まるいち」で売っていたクリスマスのデコレーションケーキに “よだれ” が出たものです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。