「ライフワーク」?は、どうなったの? その1

だいぶ前?に決めた、筆者の「ライフワーク」 まず、  ①「ゴミ拾い」(ごみ退治)16年 ②「ピアノ演奏」(練習)7年 そして “ 東京海上日動グループ ” ③生保「全国入賞」への チャレンジ18年 この三つであります。

昨今、諸々の「やぼ用」から、全く手を引いて、ほとんど 「スポーツテレビ観戦」「藤井翔太:将棋」に終始しています。(MLB ATPテニス 将棋AbemaTV) 自分の寝室は、まるで病室?の様相、テレビの前と、ベッド、それからトイレ、三種の・・?まあ、73歳ですからね!話にもなりません。ライフは良いとしてもワークにはなりませんからね。(爆笑1)

最近、Face Book に入門(突入)して、実は????しているのです。まず、そのスピード感が違います。不特定多数の「お友達」がおられますから、ある意味で「虜(とりこ)」になりますねえ!色々な方々の「過去のメッセージ」や「スナップ」を閲覧するだけで、ヒトサマの勢い?生きている鼓動を感じますね。訳がわからず、しゃにむにトライしていますが、そのうちに飽きる(ギブ・アップ)かもしれません。長々と自分の生き様を伝えるには、皆々様にご迷惑がかかりますしね。

ある意味で、マイブログ「ド田舎会長の部屋」は、孫たちへの “ 遺言 ” のつもりなんです。但し、どの孫も近寄ってはきませんが(8名)、、(爆笑2)

~~~~~

自分の「ライフワーク」その①ですが、まあ、それなりにやっております。年間に3回、「下関土木事務所」(豊田分室=道路維持係)に提出します。今の処(年間おおよそ3回)一回が50袋~100袋 搬入します。(不定期)

街中のゴミを退治する!この信念(目標?いや道楽?)には、(今でも)変りはありません。自画自賛ですが、昨今(ご当地の)、メーンストリート(国道~県道)には、ゴミは少ないですね!まあ、転がっておれば、何らかの方法で、即座に拾いますから、県内でも(まず)一番綺麗な道路(地区)と思いますね。(結果的に)行く処は、遠くに~遠くになって来ました。そうしないと袋が満杯にならないのです。
人様(ヒトサマ)が捨てたゴミに対しての(自分の)姿勢が非常識?なんでしょう。あれば拾う!ゴミが(会長)拾って頂戴!と言うのです?。そして最後に “ありがとう!” と(ゴミの声が聞こえるから不思議??)何と!ゴミがしゃべるのです?。おかしな精神状況ですね。(爆笑3)

先日の(深夜、清末奥)の後ろタイヤのパンクしかり、「一の俣」経由~油谷町「千畳敷」そして「仙崎」しかり、豊田湖から長門市「渋木」経由「三隅」そして「仙崎」。その最終地には、???が待っているんです。筆者の通った後にはゴミは無くなります。但し、最近ゴミが少なくなって、中々(袋が)満杯になりませんけど、、、まあ、同じ方向を3回~5回も通れば、なくなりますからね!(爆笑4) (注)ところどころに(大口)不法投棄を見つけています。(谷や~勾配地)

★近場でのワーストポイント   『境界地域』がメーン ・殿居~田耕(豊田ー豊北)  ・一の瀬~西厚保(豊田ー美祢:西厚保)   ・西中山の峠(豊田ー菊川)    ・グリーン道路(菊川ー阿内近辺)    ・中畑~豊田前(豊田ー美祢) 一番に最悪の場所は   ●「美祢バイパス」豊田前~相行(あいぎょう)⇒ 行政の協力が必要!路肩の木々(雑草)が邪魔になる ・予算がない&・ゴミは交通の邪魔にならない!などの理由です。(まあ、そんなものでしょう)注 ここはカーブが多くて危険!最近は控えています。地元の有志の皆様へ お任せします
★何らかのヒトサマの手!地域のグループの手!での「清掃活動」を、感じますね。良い事です。

=====

≪対局結果≫
 
「藤井聡太」七段 「新人王」決勝戦 3局勝負 その1局目 112手にて勝利!優勝に「大手」を掛けました。次の2局目は、10月17日 AbemaTV (インターネット 無料)

≪対戦結果≫☆10月10日 19:00~20:35 ↓

BS-101で「錦織圭」選手の試合を観ておりました。フルセットで、「錦織圭」選手が、勝ちました! 3-6 6-0 6-3 相手選手は中国の「ウ・イビン」選手(呉易?)、18歳です。彼の顔が「河田晃幸」君にもの凄く似ていて、全くの弟?かと思うほどです。ATPテニスツアーに、出始めて間が無く、彼は(確実に)100位以内~50位以内、運が付けば(怪我をせず)ベスト32位を突破すると思いますね!
< 上海(シャンハイ)マスターズATP1000 >?=上が日 下が丙 (IME パッド出ない?)    
 ☆伊藤涌二 Face Book をコピー

「ライフワーク」?は、どうなったの? その1」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。