イギリス(英国)の、(国民投票)EU離脱派勝利!について、、、

《独り言》確かに「イギリス」(英国は国民投票で、離脱派勝利!)、大変なことになりました。イギリス国民の民族意識からすれば、EU離脱も(気持ちとしては)理解できますが、ヨーロッパは(これまで)「EU」や「ユーロ通貨」で(一応)まとまっていましたから、自分の国の主張ばかりで行こうとするには、時代が(急速に)変化してきていますから(移民などの加速度)、(離脱は)余りにも無謀だと思います。一番喜ぶのは「中国」や「ロシア」の共産圏でしょうが、経済摩擦や、難民受け入れが「新たな離脱の誘引」「国土の分裂」~「地域紛争」にならないとも限りませんからね。

・(まず)イギリス(英国)では、スコットランドの独立問題が再燃し、そのほうが怖いですね。マスコミ報道によると、国民投票で「EU離脱」が勝利しても、そう簡単には「離脱」は現実的ではないでしょう(EU加入国から、なかなか承認が得られない?)。まあ、メンツの問題(歴史の深さが違う)もありますし、古くから(世界のあちこちに)植民地(統治国)を沢山保持していましたから、(難民など)母国(英語圏)に、集まるのも無理はありません。日本も「韓国」「北朝鮮」そして「台湾」など、一時的に統治化していましたから、それなりの諸問題(在日関連など~)は止むをえません。最近、日本国民内で “俗に言うハーフやクオーターの人たち=2世~3世” が、顕著になってきましたね。もう、時代は「地球人」の時代なのでしょうが、高齢者(我々年寄り)は、(これが)なかなか納得できないのが事実なんです。

・今、一番の問題点は「IS=イスラミック・ステーツ」イスラム国 の台頭ですね!この解決は大変に難しいことです。「自爆テロ」攻撃が美徳とされていますから、簡単には解決策は見つかりません。その大先輩は、(ある意味では)我々日本国の ”刀をあげての突撃、、、”~”特別攻撃隊=ゼロ戦 や回天” など 余り言えた話ではありません。何はともあれ、輸出大国の日本には、(EU離脱は)大打撃であります。プラス2%消費税増税どころの話ではありません(合計10%)。円高が進めば(輸出主体の大手企業など)利益が確実に減りますから、賃金などに影響がでますねえ。回りまわって、我々末端の零細企業もウカウカしてはおられません。

 

イギリス(英国)の、(国民投票)EU離脱派勝利!について、、、」への2件のフィードバック

  1. Yuki

    投票から2日、今日は
    スコットランドの議会の人たちが
    動き出しました。
    大変な事態になっています。

    離脱後は食料品の値段が上がったり
    ヨーロッパからの労働者がいなく
    なったり、日常生活にも不安が
    広がっています。

    返信
  2. takashi

    離脱までかなりの波乱があることでしょう。
    他国のこととはいえ、日本経済は円高株安直撃で資源をほぼ100パーセント輸入に依存していることから国民生活に大きな影響が出てくると思います。
    猪、鹿、猿の獣害に悩まされながらも、平穏なホタルの里で、今回のことで騒ぎが過熱しないよう願うばかりです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。