日別アーカイブ: 2023年1月16日

ド田舎会長「傑作?ブログ コメント」 ➀

映画「杉原千畝」(すぎはら ちうね) 原題「ペルソナ ノン グラータ」
   2016年1月4日ぶん

《独り言》昨夜の遅く、21:20上映開始の「杉原千畝」の映画を観にいきました。( シネマ・スクェア7 フジグラン宇部2F)。現在の処、家を追い出されているため一人(寂しい?)映画鑑賞となりました。「杉原千畝」について、大雑把な認識はありました。テレビのクイズ番組でも正確に読み方(特に千畝=ちうね)が出来ましたし、多くのユダヤ人を助けた!(日本の通過ビザを発給し続けた)ことは知っていました。原題が「ペルソナ ノン グラータ」と聞いて、一瞬!はっとしたのです。その詳しい意味すら、考えたことも無かったからです。結論的には、「好ましからざる人物」と言うラテン語であることが判明しました。実は、筆者の次男(孝之=弊社社長)の配偶者の父親のペンネームが(ずばり) 「 ペルソナ ノン グラータ」 そのものだったのです。実は(当時)ブログがありまして、最後まで居住地や氏名など明かさず、ペルソナさん!とネットでは呼ばれていたのです(ブログではハンドルネーム)。既に故人となりましたが、筆者の高校時代の同級生なのですね。そう思えば、(敢えて)そのようなペンネームにした真意が、なるほど!と改めて判った次第であります。能力的にも、ひょっとすると(官能小説)作家「豊田行二」(渡邉修造)さん(故人)にも匹敵するくらいの(そちらでの)有名作家になったやも知れないくらいの逸材だったのです。下関西では、常時50番前後の成績でしたから「九州大」「広島大」は軽く射程距離、何でも「東北大:医学部」を受けて、身体の事情で合格しなかった(爆笑もの)?当時の下関西のレベルは、現在とは異なり、かなりハイレベルでしたからね。

・話は脱線しましたが、この映画、特にあらすじ(杉原千畝の業績など)に初めて触れる鑑賞者の皆様は、ある意味では感動的な映画かもしれません。映画ですから(もっと)刺激的な表し方があったのでは!それと主演の「唐沢寿明」の起用がイマイチだったような気がしましたね。「伊勢谷友介」だったら、もっともっと面白かったかも?知れません。映画「十三人の刺客」で山の民(山猿)役、NHKドラマ「白洲次郎」役でも好演しましたからねえ。この前の「花燃ゆ」の「吉田松陰:先生」役も中々でした。(体型的に??無理かな?)

・杉原千畝の名前「千畝」=ちうね(映画の中では現地外国人に「せんぽ」と呼ばせていました) に、どこと無く名前の由来が気に掛かっていました。千(せん)の畝(ぽ=うね)この地方では「うねを造る うねを耕す」などと使いますが、一反の10分の1が一畝(いっせ)ですね。杉原千畝のお父さんが、仕事で赴任した土地に「千畝」と言う呼び名が(地名かどうか?)あったとか(税務署の職員)、、俗に言う「棚田」~「千枚田」いわゆる面積の小さい田んぼがあった地域で生まれたのでしょう。我々の時代は「何坪?」のほうが良くわかります。1歩(いちぶ)→一畝(いっせ)→一反(いったん)→一町(いっちょう)現在でも十分通用する面積の表し方ですが、まあ「一反」が約300坪ですから換算すると良くわかります。ですから「一畝」(いっせ)、もしくは(ひとうね)は30坪の田んぼ(畑~土地)と言うことになります。一坪に3.3をかけると㎡(平方メートル)になりますから(弊社の土地は約400坪=1320㎡ 母親から相続したもの)★参考 一畝は30歩 一歩はおおよそ一坪 だったと思います。千畝=結果、三万坪になりますが、千の畝ですから、たくさんある(小さな)田んぼと言う意味でしょう。

・余談ですが、前にも紹介したことがある「矢岳」=やたけ と言う変わった名前の持ち主が、当町内にいるんです(有村矢岳君)。やはりお父様が転勤族で、(高千穂峰の矢岳を登山の折)ここの素晴らしい景観に感動され、生まれてきた長男につけた名前だと伺っています。★肥薩線 大畑駅(おこば)=熊本県人吉市ー矢岳駅(やたけ)ー真幸駅(まさき)=宮崎県えびの市 矢岳駅も熊本県人吉市ですが、(宮崎県と熊本県)いわゆる県境地域ですね。(『青春18きっぷ』 による各駅停車:鈍行旅行のお陰です。)

======

「後山邦秋」さんから頂戴したコメントです。
   2023年1月14日ぶん

科学や文明が発達すると、人間が本来持っている五感の働きがどうも、鈍るような気がします。外から受ける刺激も大切でしょうが、私は内なる声を聞く事に 五感のアンテナを張り巡らせています。
仏教では 色法と心法は「一体不二」と解いています。「色心不二」と言う事です。難解な教えですが 心と身体は二つのものではなく、互いに影響しつつ 働いているものだと~これ以上説明すれば更に分からなくなりますので、 後は ネットで調べて頂ければと思います。

自然が奏でる音に耳を澄ませる心を 忘れないようにしたいものです。五感の働きが旺盛になります。その働きが第六感の働きを誘発します。
これだけ医学や科学が発達しても、まだ人間の六感の働きには勝てない。宇宙は勿論ですが、地球の事すら、未だに分からない事だらけです。人間にとって 最大のストレスとは何か?それは死と言うことだと思います。死とは何か!と言う問いに 明確に答えられる人はいないでしょう。

話が飛躍しましたが、会長は確かに五感を研ぎ澄ませながら六感をフル稼働させてる希有な存在かも知れません。