後山邦秋」カテゴリーアーカイブ

ド田舎会長「admin」からのコメント!

ド田舎会長「admin」からのコメント!
  2013年9月1日ぶん

Dear Andy

Thank you for the comment to my blog.
I have heard one of your children, Kai or Ken, was injured. Has his injury been cured?
I worried about whether your letter could not been published to my blog. But, I have been relieved as I see you are glad to see my publishing.

Thank you for your treatment at the time of our visit to Britain in 2011. We have appreciated your kind reception very much.
I would like to go there again. Next time, I would like to extend our trip for a while to go to Manchester, Glasgow and Edinburgh. A slow trip on the railroad would be so attractive to me,too.

I will tell your message to my children and their family.

Best regards,

Yoji
__________

(日本語訳)
コメント有難うございます。どちらかのお子さんが、怪我をされた?とか
聞いていますが、(その後)大丈夫でしょうか?(Ken?Kai?)
貴重なお手紙を、ド田舎会長ブログに載せて(実は)、どうかなあ?と心配していま
したが、、喜んでもらえたようで、安堵しています。

一昨年の英国訪問の際は、本当にお世話になりました。とても感謝して
おります。またいつか?行きたいですねえ!少し足を伸ばして、マンチェスター
グラスゴー エジンバラ 方面も散策したいですねえ。.ゆっくり時間をとって
鉄道のたびも良いですね!
このコメントは、自分の子供や家族にも必ず伝えます。

未体験「JR路線」に挑戦!  (島根県)JR木次(きすき)線

「後山邦秋」さんから頂戴したコメントです。
   2022年11月16日ぶん

いよいよ ジェットストリーム 始まりましたね。自宅で音楽関係の仕事したり、読書しながら 楽しく聴いています。テレビは余り見ないので、音楽が常に流れてるって感じの生活環境でしょうか。「80日間世界一周」ステージのオープニングで、ジャズバンドのメンバーと よく演奏しました。
この曲が流れ出すと、何となく世界一周したくなるような雰囲気になるから不思議です。音楽の力とでも言うのでしょうか、YouTube の貼り付けもバッチリで、随分バージョンアップしましたね。楽しみが増えました。

=====

島根県 JR木次(きすき)線

おおよそ(念願であった) 肥薩おれんじ鉄道(私鉄) を体験、九州は(おおむね)制覇した模様です。ローカル線は(ことごとく)消滅の危機に瀕しています。YouTube をぼんやり見ていましたら、肝心な「中国地方」にも、まだまだ未体験の路線が多々ありますねえ!それと「松本清張」の「砂の器」DVDを最近見たばかり、、「亀嵩(かめだけ)」駅が出てきますねえ!ここは「木次(きすき)」線なんですね!どことなくムラムラ 出べそ~欲望が目覚めてきました。

☆ JR木次線の出雲坂根駅から三井野原駅間(標高差170m、約6500m区間)の急こう配を、列車が前後に折り返して運転する方法で、登っていきます。(三段式スイッチバック)

ここは島根県 「宍道」駅から「木次(きすき)線」→ 「備後落合」駅 (途中にかなりの無人駅あり 木次駅 亀嵩駅 出雲坂根駅)ここから「芸備線」が出ています。「新見」方面は「伯備線」繋がります それと「三次(みよし」方面ですね。この芸備線は未体験ですが、ここから「広島」方面に行くか?「福塩線」にて「府中」方面に行くか?分かれ道です、、「府中」から「福山」方面でしょう、、贅沢を言えば 「福山」~「広島」~「三次」~「備後落合」~「新見」(伯備線)そして鳥取駅へ、、(苦笑)

問題はここからです。「伯備線」にて「鳥取」そこから「因美線」にて「智頭」駅~「相生」駅 ここで「山陽本線」に出ますね!原則 各駅停車の「青春18きっぷ」ですから、まだまだ 詰めなくてはなりませんが、ふと?そんな野心を考えてみました。特急を使えば、簡単な路線でしょうが、各駅停車ともなれば、なかなか苦労があるのです。