日別アーカイブ: 2014年1月13日

妙なる集い?a 高熊地区の皆さんと!  (神葬祭=大宰府天満宮)

★ 少しばかり(掲載が)遅れましたが、高熊地区の皆さんとの「妙なる集い」?を、3連載にてお送りします。→ スナック舞にて
01_13_04
↑ 「後山邦秋」師匠
01_13_01
↑ 右から 「田中節雄」さん 「田中雅克」さん 「吉本知則」さん 「土井修」さん
01_13_02
↑ 「友田こうじ」師匠
01_13_03
↑ 右から 「藤野宣義」さん 「中原邦彦」さん 「下谷和正」さん 「西村博文」さん

《独り言》  現在、早朝の7時過ぎです。「ホテル グランティア大宰府」に宿泊しています。このホテルは、旧:国民年金基金=政府系 のホテルを、「ホテル・ルートイン」グループが取得し、民営化となったホテルであります。朝一番にお風呂(天然温泉:みかさ湯)に入ってきました。

・昨日は、15時半自宅を出発し、17時半に大宰府に到着、ホテルにチエックインしてから、(シャトルバスに乗車、大宰府駅まで)19時からの「お通夜」に参列しました。神道のお葬式(神葬祭)、それも「太宰府天満宮」の重鎮の葬儀、お通夜の全て、そして参列された人数もかなりの数、600人以上は軽く超えたでしょう。筆者は、15分前に室内に入ったものの、当然座る席はなかったのですが、恐れ多くも最前列が2~3席開いていたため(天満宮の宮司関係の席?)家内ともども着席しました。(いわば最前列で)ことの次第を確認することが出来たのです。通夜の時間は(結構永く)1時間40分はかかったでしょう。特に若い女性方々の姿が多かったような気がしました。

< ①数珠は使わない(当然)②二礼二拍一礼の際、拍手の音は出さない③お焼香は無く、榊(さかき)が準備されてありました(当然)=玉串奉てん> 『祖霊殿』 境内の東神苑内

 

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/pray/life →「大宰府天満宮」のサイトを開きましたら 「馬場宣彦」君ご家族が、写っておりました(ご家族の七五三?)。詳しくは存じませんが、亡くなる直前の肩書きは「常勤 顧問」だとか?(常勤相談役)?、永らく実務上のトップであったのでしょう。本日、12時より葬儀(本葬)があります。西南学院大経済学部(昭和42年卒)、我々は「硬式庭球部」=体育系 での同期生ですから、2歳年上ですが「君」付けで呼ばせてもらいます。「香月利治」君~「町田勝彦」君(奥様同伴)~「内山岑生」君の同期とも (通夜終了後)会うことができました。