日別アーカイブ: 2022年9月21日

《 いきなり侵入 c 》ド田舎会長 四年前(2018年8月)のブログが面白い! その⑪

《 いきなり侵入 》します。ド田舎会長(2022年9月20日 23時50分)

昨夜遅く、「児玉進矢」さんからコメントを頂戴しています。英国「エリザベス女王」の国葬についてのコメントが中心でした。実はこの「国葬」初めから最後まで、目を凝らして観ておりました!まあ、そのスケールの太さ!さらにその荘厳さに圧倒されました。このたび「児玉進矢」さんが コメントの先陣を切られたので、少しばかり述べてみます。

日本では(アト)数日以内に「安倍晋三」元首相の「国葬」が行われます。偶然?たまたま?ほぼ同時期に「国葬」なる儀式が行われて、日本側の当事者の皆さんは、本当に「困惑」いや「びっくり仰天」でありましょう。一応「国葬」の二文字は同じですからねぇ!同時期に挙行されて、良いのか、どうなのか?その後(のち)の評価が(実に)期待したいです。
まず、英国の「国葬」で自分が素晴らしいと感じた処、全体的に初めて観る(テレビですが)その感激と「驚嘆」表現のしようがないほど 圧巻な葬儀でした。参列者のグレードの高さ!英国民の参加(弔問や道路からのお悔やみなど)そのスケールの太さには、まあ、言葉がありません。

◎具体的に気が付いたこと、、、、↓

➀軍人(軍服)が中心なる葬儀(その鍛え抜かれた所作の数々)
➁聖書の静かな朗読
➂それに伴う音楽系(讃美歌)の素晴らしさ そこに「少年聖歌隊」の素朴なコーラス
➃軍服が正装の葬儀
➄全体の移動が(基本的に)徒歩 それも 一糸違(たが)わず 整然とゆっくり 
➅参列者からの何々代表の弔辞などほとんど無し、あっても実に簡素で(とても)短い云々、、
➆(一般人が沿道から)霊柩車へのお花を投げること これにはびっくり仰天 
➇弔問参加の(一般)英国民の数の多さ 待ち時間の長さにもかかわらず参列 一説15~30時間の(行列)待ち時間?
➈米国大統領の座席の位置が14列目であったこと
➉最後に(参列者)全員による「英国 国歌斉唱」

観たままをコメントしましたが、実際の詳しいことは良くわかりません!但し、「英国」と「日本」の関わり、「長州ファイブ」など「薩摩&長州」の英国(密航)留学による数々の学習(戊辰から明治維新でのアクションの数々)ド田舎会長の自負?一応「ロンドン大学」の石碑を現認しています。(英国旅行の際に)
 

========

将棋のコメント a 「藤井聡太」七段 が、面白い!
2018年8月22日ぶん

皆さんは、将棋のプロ棋士「藤井聡太」七段の「プロ将棋のネット観戦」をされますか?言わば「Abema」TVー将棋観戦ですね!現在「藤井聡太」七段の対局は、ほとんど「ネット観戦」が出来ます。(アベマ)ここは無料ですが、時には「将棋プレミアム」や「ニコニコ動画」などの(一部)有料でのネット中継もあります。(1Day観戦 500円=クレジット払い)

実は「藤井聡太」七段が(当時中学3年生)プロ棋士四段スタートして、公式戦29連勝をしましたが、確か15連勝のころからAbemaTV観戦をネットに登録して、ネット観戦し始めました。
2016年10月01日からプロ棋士(四段)が始まり、(記念すべき)最初の1勝目は(ご存知)“ ひふみん ”こと「加藤一二三」九段でしたね!残念ながらその頃は(まだ それ程)関心は薄く、(その対戦の)生放映では観ておりません。まあ、(騒がれ始めて)かなり経ってからの大ファンですね!(苦笑1)

将棋の対局や仕組みなどは、まだまだ完璧に判っておりませんが、あれこれ調べているうちに、だいぶ判って来ました。(苦笑2)四段から七段まで(彼は)、1年チョッとで昇段しました!。

①順位戦(名人戦)C級2組を10勝0敗!(1位)→ 五段へ(C級1組へ昇級  2月1日)
②「朝日杯将棋オープン戦」優勝しました→(全棋士参加型のトーナメント 「一般公式戦」準タイトル戦)お見事! 優勝昇段規定にて→ 六段へ(2月17日)五段から六段まで僅か16日 
③竜王戦 ランキング6組 トーナメントにて5連勝(1位)にて! 七段へ(ランキング規定 ランキング5組へ 連続昇級)(5月18日) 
5ヶ月の間に 3度も昇段!! 余りにも凄いことなので、言葉もありませんが、今後も「将棋」の話題をコメントしてみましょう。

★筆者は(現在)「将棋」! (実は)全くしませんが、小学校~中学校の頃に、遊び半分でやっていた程度です。駒の “ 動かし方 ” は(100%)判りますし、プロ将棋界~棋士 のことや、厳しいルールなども(だいぶ)判って来ました。(実は)筆者の親父さんは、アマチュアの将棋指しでして(ヘボ将棋でしたが、地元では かなり強い方でした)仲間も結構いて、良くやっていました(カケ将棋?)。それを覗いて覚えたのでしょうが、ただ(将棋は)強い人とやると、まず確実に負けるので、自然とやらなくなったのです。(苦笑3)

☆「藤井聡太」七段のプロ棋士になってからの色々なこと、それと、将棋界探索で知り得たことなど、お伝えしましょう。・「タイトル戦」 ・「一般公式戦」 ・「その他の対局」(現在の)・「過去の有名棋士」や・「現在の強豪棋士」・「藤井七段の棋風」などなど

《 速報 》直近の「藤井聡太」七段 対局予定(ネット観戦 無料)
・ 8月24日 「棋聖戦」1回戦 対「里見香奈」女流四冠(三段)
AbemaTV 9:50~ 持ち時間 各1時間
・ 8月26日「AbemaTVトーナメント」 対「高見泰地」叡王(七段)
Abema TV 20:00(夜8時~)持ち時間 各5分 超早指し (1手指すごと +5秒)

カテゴリー: その他, 将棋, 藤井聡太 | 投稿日: 2018年8月22日 | 投稿者: admin 編集