音楽」カテゴリーアーカイブ

JET STREAM(音楽のある風景)から ㈱燈音舎 NO.7

☆ナレーション(秋):城達也

枯れ果てるものは、木の葉だけでなく、、、
散るものも又、木の葉だけでなく、、、
空をふり仰いだ青春の顔や
砂浜に落ちたパラソルの影が
色褪せて行くのも又、同じ秋だという

夏よ。年ごとの我らが片思い
くり言を数えれば、公園に舞い散る
落ち葉の数でも不足だ
日ごと、ふり積もり、足元でしゃがれ声を上げ
風に吹かれて行く
記憶の哀れでも不足だが
それが夢の中で夢を数えた
夏の形見ならば
立ちつくす秋の肩口にとまる
落ち葉を、振り払うまい
ついに届いた、返信不要の
別れの便りなのであるから

==========

▼ NO/12 小さな喫茶店 / アルフレッド・ハウゼ

『楽曲解説』⇒筆者 転記

正確な作曲年は不明ですが、1930年代の初めに日本へ入ってきた曲です。その時は「カフェの魅惑」という曲名でしたが、ほどなくこの「小さな喫茶店」として、大流行しました。作曲したフレッド・レイモンドはドイツのオペレッタ作曲家ですが、片手間のように作ったこのコンチネンタル・タンゴで名を残すことになろうとは、夢にも思わなかったに違いありません。“それは去年のことでした、、”という日本語の作者は、瀬沼喜久雄によるものです。

〇NO13 日曜はダメよ / ヘルムート・ツァハリアス

『楽曲解説』⇒筆者 転記

1960年のギリシャ映画「日曜はダメよ』の主題歌で、マノス・ハジダキス作詞・作曲しました。アメリカ人のジュールズ・ダッシンが、ギリシャのスター=メリナ・メルクーリを全面に押し出して作った映画で、もちろんメルクーリ自身が歌いましたので、主題歌賞授与の時には誰もが驚いたものでした。

▼NO/14 パーフィディア / ザビア・クガート

『楽曲解説』⇒筆者 転記

1939年にメキシコのマリンバ奏者=アルベルト・ドミンゲスが作曲しました。曲名の意味は“裏切り”で、愛する人の不実に苦しめられる主人公の気持ちがテーマになっています。「ペルフィディア」と言うべきだという論もありますが、昔からトゥルメンタルではこのクガート盤g、歌入りではトリオ・ロス・パンチョスのものが有名です。

JET STREAM(音楽のある風景)から ㈱燈音舎 NO.6

☆ナレーション :城達也

もう怖がることはない、夕暮れの娘たち
お前の湖畔の散歩道には
マロニエの花房が白い燭台の火を、無数に灯しているのだから
船出してしまった、お前の花の河岸
セーヌ川の船着き場に、寄り集うはしけ船を
逢い引きのたびに見つめて
ほとんど読み取れない船の名が
お前の不安な旅のようであったが、、、

行きつ戻りつ、つづり終えた
晴れの日の旅立ちの書類
もう、振り返ることはない
彼らは判ってくれるはずだ
お前のいない並木道にも
満開のマロニエの花が咲いていて、、、

◎NO・11 愛の讃歌  カーメン・キャバレロ

『楽曲解説』⇒筆者 転記
1949年にエディット・ピアフ(詞)とマルグリット・モノウ(曲)が作り、ピアフが歌って彼女の代表曲になりました。もっとも、モノウの名を借りただけで、実際には作曲もピアフ自身がした、という説もあるようです。ピアフの曲であるとか、シャンソンであるとかいう狭い範囲ではなく、ポピュラー音楽全体を代表するスタンダード曲といえるでしょう。英語詞を付け、ブレンダ・リーが歌ってヒットしたのも忘れられません。