ゴミ拾い」カテゴリーアーカイブ

2022年度「カレンダー」配り スタート

11月も中旬となりました。来年度の「カレンダー」配りをスタートしています。今年は、少し早めに始めています。弊社新入社員の 田中龍之介君 とともに動いています。何時もおろそかにしている(隣町)「菊川町」「豊浦町」のお客様からスタートです。その後、「豊北町」~「下関地区」「山陽町」など、遠距離をやりまして、その後 今年は、「台~今出」方面から 「長門市」回ります。「大河内」「楢原」そして「豊田下」「豊田中」「殿居」、、、そして最後に「一の俣」「杢路子」の予定です。(だいたい500部)

今回の狙いは、新人の田中龍之介社員に、お客様の家を教えることが一番です。さて?覚えきるかどうか?それと同時に、「ごみ」の落ち具合 を見るのも毎度のこと、、これも貴重な日課です。

今回のカレンダー配りで感じたことを少々、、大抵が留守なんですが、自宅におられることがあります。久しぶり?なん十年ぶり?目当てのお客様のお隣さんが、30数年前の知り合いで、まあ、懐かしい話に花が咲きますよ!一緒にソフトボールをしたとか!大騒ぎして飲みの会の諸々の話など、こんなことが「走馬灯」のごとく蘇ってきて、面白いですねえ!

2時間も回れば、その地区を終了の予定が、なんとなんと、行く先々で途中下車、人生の終了に近づいてきた証拠、人間社会というものは実に奇妙な世界ですねえ、、、つくづく感じさせられます。

MLB「大谷翔平」二刀流から、目が離せない!➁

「大谷翔平」選手の➀「MVP」年間最優秀選手 ➁「ア・リーグ 最優秀選手」 は100%確実だと思います。二刀流が一番の決め手ですし、(ア・リーグ)本塁打王にはなれませんでしたけど、46本は凄いことです。そして(一番は投手をしたこと!)勝利数は10勝に届かず、9勝で終わりましたが、これも凄いことです。さらには「盗塁」の数ですすね。そして「奪三振」の数も半端じゃありません。
細かい数値はありますが、このような「投打」にわたって、成し遂げた大リーグ選手は、(本当は)過去一人もいませんからね、、(単年度の)数字を比較すると「ベーブ・ルース」とは比較に、、、「ケタ」が違います。⇒(当時と現在では)各選手のレベルが違いすぎて、話にならないですよね、、
≪ 打率257 100打点 26盗塁  23登板 防御率3・18 投球回数130回1/3  奪三振156  9勝2敗 ≫ 

しばらくは「二刀流」で行ってもらうとして、まず怪我をしないことでしょう(肘~肩~肉離れなど)。そして次第に打撃に集中して、投手のほうは諦めるべきと思います。打撃も「ホームラン」は30本台にして、打率を3割5分まで引き上げることが「大選手」=大リーグ殿堂入り の絶対条件だと思っています。(今後の展開は、全く分かりません。)

あの「イチロー」選手の、記録、(2001年)年間262本の安打新記録を打ち立てています。  一年間の試合数は162試合ですからね。あらゆる記録は、破られる可能性はありますが、この安打記録は「永遠に??」破ることは難しい!

★(日本プロ野球では)「王貞治」選手の「868本」通算ホームラン数その他多数、 稲尾和久投手の42勝、 金田正一投手の通算400勝、まだまだ様々な破られない(不滅な)記録は「大リーグ」にもありますからね。体をいたわって、怪我に気を付けて、〇〇〇にも気を付けて、永遠に破れない新たな記録に挑戦してもらいたいです!

どう見ても、「大谷翔平」選手のような大リーガーは、二度と現れないと思いますね、、現地、アメリカでは、人間力(人間としての 品格)が別格!とまで言われています。