児玉進矢」カテゴリーアーカイブ

「児玉進矢」さんからのコメントです。その⑱

「児玉進矢」さんからのコメントです。
   2021年4月21日ぶん

_______

今回は「下関」と「北海道」どちらの魚介が美味しいか?を考えてみます。

言うまでもなく、この問いにはあまり意味がありません。例えて言えば、イタリア・フィレンツェのテラス席でトスカーナの赤ワインを飲みながら夕陽が赤いレンガを更に紅く染めていくのを眺めるのと、タイ・カンチャナブリの川沿いのレストランで朝からシンハービールを飲みながら、クウェー川の滔々たる水面が朝日にキラキラ照らされるのを見ているのと、どちらが幸せかと質問するようなものです。ですが、意味のあることばかり書くのは評論家に任せて、今回はちょっとこのテーマを考えてみます。

幸運なことに、私は下関に4年、札幌に3年赴任し、そのどちらも存分に味わうことができました。これは転勤族ならではの醍醐味です。このブログの読者は下関の方が多いのでご存知でしょうが、私の下関時代に忘れられないのは今浦の “まんなおし” と彦島の突端にある “うみべ”、、、、今のコロナ禍でこの両店が健在であることを祈るばかりです。

下関も北海道も共通しているのはネタの鮮度で勝負するところです。なので刺身が基本。野球で言えばストレートで真っ向勝負の全盛期の阪神タイガース「藤川投手」のようなものです。下関の魚介では、フクは別格として、オコゼ、ヒラメの白身系の淡白な味わいながらコリコリ感満点の食感、ウニは小粒ながらとろけるような舌触りで究極の甘さが堪りません。仕上げの味噌汁にオコゼのグロテスクな顔面が入ってると天に昇る幸せな気分になれたものでした。もちろん、アラカブ(カサゴ)の煮付けや冬のあら鍋(クエ鍋)も一度食べたら生涯忘れられない、まるで初恋の彼女と初めて手を握った時のようなものです。

片や北海道はホタテ、ツブ、北寄の貝類、プリプリ感満載のいくら、豪快に焼いて食すタラバ、気長にほじって食べる毛蟹、味わい深い花咲蟹、酒のアテにピッタリの氷下魚(コマイ)、実はメスよりオスの方が美味な鵡川のししゃもなどなど、V9時代のジャイアンツ、今のソフトバンクホークスのような豪華ラインナップです。

この頂上決戦はおそらく延長18回でも決着のつかない松山商業vs三沢高校戦のようなことになるのでしょう。また、冒頭言ったように決着することに意味はありませんが、このテーマを安易に書き始めたものの、どのように落ちをつけるべきか全く見当が付かず、段々途方にくれはじめてきました。

でも、、待てよ。今は延長なしで9回引き分けだ!!そうだ、そうだ、引き分けだ。

コロナに救われた今回でした。

↑「児玉進矢」さんからのコメントでした。

「児玉進矢」さんからのコメントです 。その⑰

「児玉進矢」さんからのコメントを紹介しています。
  2021年4月28日ぶんです。

_________

大谷選手が投打二刀流で大活躍ですね。何でもあのベーブルース以来の快挙だとか。日本の野球少年が海を渡り、大リーグで並み居る強打者をキリキリ舞いさせ、特大ホームランをかっ飛ばす、、誠に拍手喝采です。

日本では一つの事に集中して青春を送ったり人生を捧げることが何となく美德とされてきました。しかし最近ではラグビーの福岡選手が医師の資格を取ったり、将棋の船江六段が公認会計士に合格したり、アイドルグループの加藤シゲアキさんが直木賞候補にノミネートされたりと、一つの世界に留まらず二刀流で活躍しているのを見るにつけ、近頃の若者もなかなかやるなぁと感心しています。

では、我ら中高年世代はどうでしょう?私のイチオシは酒場詩人と呼ばれる吉田類さんです。彼は高知生まれで若くしてフランスに渡り絵描きになったのですが、今は全国の酒場を放浪し、地酒を美味しそうに飲み、出てきた郷土料理を美味しそうに食べ、地元の人と会話を楽しみ、興が乗れば踊り、最後に洒脱な俳句をひと捻り。彼の酒場放浪記シリーズは酒飲みの間でベストセラーのようです。絵描き兼作家兼詩人、二刀流ならぬ三刀流のカッコ良いオジサンです。私も一冊、彼の本を手に取ったところそのタイトルが奮っていました。

「酒は人の上に人をつくらず」

本来お酒の席はこうあるべきなんでしょうね。「今日は無礼講で」などど無粋な言い回しはやめて、こらからはこのセリフを拝借することにしました。では、また次回。

↑「児玉進矢」さんからのコメントでした。