児玉進矢」カテゴリーアーカイブ

ド田舎会長「傑作?ブログ コメント」 ➄

またまた、寒くなりました!
  2016年2月5日ぶん

 《独り言》現在の時刻は、23:35です。会社にいてゴソゴソしておりました。会社の全てのゴミの始末&タオルや手袋の洗濯など、、突然TELが鳴りました。「あんしんダイヤル」からの「ロードサービス」の要請です。通常は会社に誰もいないので転送で若社長に繋がります。結果的にH君とU君の若手両名にお願いしました。何でも、野生シカが飛び出して、軽四(ダイハツ タント)の前部が破損、白い蒸気?らしいものが出たとの情報です(隣町の田耕地区) 弊社から20㌔。こんな夜中に?行ってもどうすることも出来ない事案、それでも行かなければ、、これが「ロードサービス」の精神でしょうね!困った人がいたら助けてあげる!ただそれだけですね。こんな夜中にシカに衝突、弊社が行ってもどうしょうも無い!それでも損害保険の加入者は「ロードサービス」に助けを求めるのです。

・このようなケース、「一般車両保険」を付けているか?それと、「レンタカー費用選べる特約(搬送時のみ)」が付いているかどうか?が勝負処なんですね。このお客様は、弊社の固定客ではありません。大抵、こんな夜中にほとんどの業者さん(自動車会社)はTELしても出動しませんね!そこで弊社の出番があるのです。現場に行って、自宅か?弊社まで運んだ場合は(おおよそ)キロ当たり450円?前後の搬送料が支給されます(但し片道のみ)。そのまま帰社した場合、¥8000くらいの出動料のみとなります。今回の場合、明日にはお付き合いの業者さんが引き取りに行くでしょう。この明日まで待てないのが人間!このような(それほど)緊急性の無い時でも助けを求めるのです。①ぶつかった車を空き地にでも置いて(タクシーで帰るか)、(迎えに来て貰う)。②あくる日の朝、お付き合いの車屋さんにTELして対処して貰う③保険でどのような対応が出来るか?加入している「保険代理店」さんと相談する。冷静(通常時)であれば、これがまともな????、、

☆結果的にどちらも付いていないことが判明!

・少々自慢話をしますと、弊社は「東京海上日動火災保険㈱」の代理店です。弊社で「任意保険」を加入しておられるお客様には(かなりの高い%で)「レンタカー費用選べる特約(搬送時のみ)」を付けています。事故の場合(最長30日)だけでなく、故障のとき(最長15日)(それぞれ搬送が必要な場合に限る)レンタカー費用が出ますね。弊社のお客様で無い場合(他損保での契約)大半がこの特約を付けておりません。今回は「一般車両保険」が付いていないようで、修理代は自己負担、さらに「レンタカー費用等選べるアシスト」が付いていないので、レンタカー代は出ませんね。→お付き合いの車会社から「工場代車」(修理の場合は大抵無料)になります。少々「裏話」をしましたが、たまには良いでしょう。先ほど帰社したU君の話では、修理代は30万円前後とのことでした。サル~イノシシ~シカ 怖いですねえ!

★若手社員が帰社したので「夜間ウォーキング」に出かけます。弊社を出発してー豊田中央病院ー豊原商会ー「セブンイレブン正司橋 を歩きます。おおよそ4㌔ 40分の行程ですね。

=======

「児玉進矢」さんから頂戴したコメントです。
    2023年1月23日ぶん

広島で行われた都道府県対抗の駅伝を観ました。全ての都道府県から選ばれた下は中学生から上は社会人までが、一本のタスキをつないで懸命に走る姿は本当に素晴らしい!ところが、箱根駅伝と比べると注目度はやや低いようでメディアの扱いも地味ですね。この大会は日本陸連が主催するイベントにもかかわらず、です。

箱根駅伝の場合、他にやることのない正月三が日に行われ、しかも大手町スタート、皇居、横浜、湘南海岸、箱根湯本、芦ノ湖とメジャーな観光地を走るということも関係してるのかもしれません。でもそれだけではなく、箱根駅伝にあって都道府県駅伝にない最大のキラーコンテンツは名物監督たちの乗る伴走車(運営管理車)でしょう。これがあるから私たちは監督からのナマの叱咤激励を目の当たりにすることができ、選手が己の肉体の限界を超えて頑張る様を観て感動するのです。時には「男だろ!」という昭和懐メロ森田健作的なゲキも飛びますが、師弟間の特別な人間関係の中でのやり取りに部外者がとやかく言うこともないでしょう。ちなみに箱根駅伝にだけ伴走車が認められているのは、一区間の距離が長くランナー間の距離が開くからだそうです。なるほど。

来年は箱根駅伝100回大会で、関東の大学だけでなく全国の大学も予選に参加できるそうですが、もし、おらが県の大学が正月に箱根路を走ったら盛り上がること間違いなしですね、人気のあるスポーツイベントが門戸を開いて競技人口の裾野を広げるのは大事なことです。このところ人気凋落気味の日本のプロ野球も見習ったらどうでしょうか。プロ野球、社会人野球、大学野球、甲子園優勝校入り混じっての選手権大会とか、、。
   

JET STREAM(音楽のある風景)から ㈱燈音舎     NO・27 

☆ナレーション:城達也

遠い地平線が消えて
深々(ふかぶか)とした夜の闇に心を休めるとき
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は
たゆみない宇宙の営みを告げています

満点の星をいただく果てしない光の海を
ゆたかに流れゆく風に心を開けば
きらめく星座の物語も聞こえてくる
夜の静寂(しじま)の何と饒舌(じょうぜつ)なことでしょうか
光と影の境に消えていった、はるかな地平線も
瞼に浮かんでまいります(以下略)

======

◎煙が目にしみる  /  ロニー・アルドリッチ

1933年にミュージカル『ロバータ』の中の1曲として、ジェローム・カーンが作曲しました。その後この曲は『ロバータ』から離れ、独立した名バラードとして様々なアーティストが取り上げるスタンダード曲になりました。オットー・ハーバックの詞によるヴォーカル曲としても、ザ・プラターズ盤を筆頭に無数の名盤があります。失恋の悲しみを“煙による涙”にたとえている曲なので、演奏でもそんな雰囲気が盛り込まれています。

======

「児玉進矢」さんから頂戴したコメントです。
   2023年1月7日ぶん

今年もド田舎会長のブログで自由に書かせていただきます。よろしくお願いします。

昨年末、新潟県佐渡市で月光仮面と名乗る人から寄付があったそうです。しかも2回。1回目は9,280円の硬貨、交番の前に「毎日一枚ずつ集めたお金です。月光仮面」と置き書きを残し、2回目は15,762円の硬貨の入ったビニール袋を警官に手渡した際に「月光仮面」と名乗ったそうです。今年限りのことではなく過去から毎年続いていて、今回50回目とのこと。こんな立派な行いをしているのに氏素性を明かさず匿名を貫くところは、昨今の匿名性を隠れ蓑にして心ない口撃を仕掛ける一部のネット民とは対照的で、あっぱれという他はありません。

♪どぉこの誰だかぁ知らないけれど、誰もがみぃんな知っている〜♪はずの月光仮面ですが、半世紀もの歳月が流れた令和の時代、最近の方はご存知ないかもしれませんので簡潔にご紹介しますが、市井の人々がピンチの時に疾風(はやて)のようにバイクに乗って現れて、悪者を倒して疾風のように去っていくの当時の子供たちのスーパーヒーローでした。

でも一体新潟の月光仮面はどんな人なんでしょうか?あの頃テレビを見た子供が大人になったとするとどんなに若くても60代、おそらく70代でしょうね。そして性別は男。もしかすると父親の遺志を継いだ息子さんかもしれません。いや待てよ、毎日硬貨に触れるということは、〇〇ペイ時代の若者ではありえないか。まあ、どうでもいいことですね。同じ寄付をするにも毎日毎日硬貨を貯めておくということは、毎日恵まれない人々のことを意識してしないとできることではありません。金額の多寡よりその心意気が素晴らしいですね、こんな老人に私もなりたいものです。