藤井聡太」カテゴリーアーカイブ

「藤井聡太」竜王 ❝銀河戦❞ 準決勝で敗れる!

大した情報ではありませんが、将棋の「藤井聡太」銀河=昨年度優勝(四冠=竜王 棋聖 王位 叡王)が、「銀河戦」(一般戦)の決勝トーナメント(準決勝戦 対戦相手 渡辺明名人~棋王 王将)にて敗退しました。これは昨夜の放映(12月14日20時~)で(将棋プレミアム 対局は9月14日 録画)

★なんでも、既に(どこからか漏れて)決勝戦は「菅井竜也八段 対 渡辺明名人」で菅井竜也八段が優勝したとのことです。(ネタばれ)
________

冬の時期に入って、これからは「スキージャンプ」でしょうねえ!日本人選手の活躍に期待しましょう!

★そうそう 米女子ゴルフ(LPGA)の予選会(Qシリーズ)で、「古江彩佳(あやか)」選手 21歳 そして(かろうじて 20位の)「渋野日向子(ひなこ)」選手の2選手が 出場権を手にしましたね!これで、「畑岡奈紗」選手22歳~「笹生優花(さそう ゆうか)」選手20歳と ともに アメリカでのゴルフツアーに(LPGA)に出場決定です。楽しみですね!応援しましょう、、

お見事!「竜王戦」四連勝! “ 昇龍 ”

地元「宇部市」で開催された「竜王戦」(将棋)第四局「藤井聡太」三冠が勝ちましたね!自分はそれなりに AbemaTV(パソコン) で追っかけ観戦をしておりました。たまたま、「豊島将之」竜王が、3五桂 を 指した 時、観ておりました。その途端 AIの数値が一気に逆転し、そのまま「藤井聡太」三冠が勝利へ向かいました。。

将棋の「竜王戦」は、プロ将棋界で、一番上位に位置する最高の「タイトル戦」です。今回(見事)四連勝にて「豊島将之」竜王からタイトルをもぎ取りました。これにて「王位」「叡王」「棋聖」そして「竜王」と、四冠達成、実質(規定上) 将棋界の頂点に位置することになります。
諸々、ご存じのように、この「四冠」には 最年少到達(19歳3ヶ月) ということで、「藤井聡太」四冠の最年少記録( ほかにも多くの記録がありますが、、全て歴史的瞬間 )まず破られることはないでしょう!

将棋の中身については、観ていても良くわからないことばかり、YouTube の解説画像を見ても、将棋は難解ですが、今回の対局は、なかなか素晴らしかったようです。どちらが勝ってもおかしく無い(いや画面から離れましたから、、)「藤井聡太」三冠の 大逆転?まあ、だれもが認める「カミワザ」(神技 神業)こんな勝負に接することが出来て、物凄く感激しますね!勝っても勝っても(いつも)「謙虚」で、「控え目」「冷静」    今年度中に「王将戦」が真っ最中ですが、さて~さて??さらに~さらに 頑張ってもらいたいですね。

☆今後は「藤井聡太」四冠ではなく、「藤井聡太」竜王 と呼ばれるようです。