「仙崎」詣でが 続いています!

「ドライブ道楽」の続きを致します。毎週の火曜日を除いて、ほぼ連日、夕方になると「長門市」仙崎にある「河口亭」に参上します。まあ、単純に夕飯(食事)に行くだけですが、(そのためにも)午前中からの飲食を少なめに、(可能な限り)お腹を空かして行くように心がけています。(仙崎へは)入院前(2019年3月末まで)の150数回で(一端)終了しましたが、その後(退院後)、血糖値などを見ながら、手探りで行っておりました。7月に入ってから、毎朝食前の測定も安定(125~145)体重も66~67キロ前後に推移しています。それこそ、食べすぎに気をつけ、間食は全く致しません。そんな訳で、旅行中以外は(ほぼ)「仙崎」詣でをしているのです。

その際に(自称)「ドライブ道楽」が開始されるのです。妙な道楽で、可能な限り “異なる道 “ を選んで長門市に向かうのです。皆様には(実に)申し訳ない “浪費道楽” と言われても仕方のないアクションではあります。丁重な理屈としては、ストレスをためない、(言いたいことを言う、好きなものを食べる、妙な?遊びからの絶縁)、この三点が(最もな)言い分に他なりません。まあ、本当に贅沢な行動ではありますが、、、

最近の行き来にて、①長門市油谷町の向津具半島(大浦漁港)の先端「俵島」日置(へき)海側~「黄波戸温泉」(きわど)経由、②美祢市美東町から「木間(こま)」=萩市山田~三見の山間部~三隅バイパス経由、③山陽小野田市厚狭~楠町万倉(まぐら)山間部~「秋芳町」秋吉~三隅町経由 この辺りが目新しい動きであります。これらは「ドライブ道楽」ですから、車の燃料代は(当然)かさんで来ますが、自分のフトコロ具合から計算しても、妙な?遊びに比較して、これは(確実に)格安なのです。(爆笑100%)

この3ルートは、生まれて初めて通過する地区もありますし、それぞれの地域の実態や風情を感じることが出来るのです。まあ、追々その感じたことなど述べてみたいと思っています。そして、様々な “ 仙崎参上ルート ” に於いて、昨日の早朝(久しぶり!遂に!)、一大決起?なる “ 奇人~変人 大アクション劇” をやり遂げました。次回に続く、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。