1 thought on “「大島口の戦い」 1866年

  1. 矢野公皓

    新年あけましておめでとうございます。旧年中は福島での維新150年に関わる法会はじめ大変お世話になりました事この場を借りて御礼申し上げます。仙崎二往復や10月分からOO亭に50回通った事などの後ブログが止まっていたので心配していました。来月には歳が一つ増えるので体調管理は勿論ですが普段の行動にも気を付けて無理のない範囲での活躍を期待します。四境の役大島口の戦い 面白く分かりやすくまとめてあるので良く理解できました。今では日本の行方を決めるような大きな戦いの始まりがあったとは思えないのどかな島ですが、昨年は 8月行方不明の二歳の男児が無事見つかったこと 9月富田林署からの脱走事件 10月大島大橋貨物船の衝突事件で“”日本一有名になった島””としてテレビで紹介されていました。遅くなりましたが生保の入賞基準クリアおめでとうございます!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。