カテゴリー別アーカイブ: メジャーリーグ

大リーグ(MLB) 今年度の “珍現象! 2地区が同率!”

アメリカの大リーグで、(今年度)ほぼ初めてではないか?とも思われる「珍現象」が起きました。「ナショナル・リーグ」に於いて、(レギュラーシーズン)年間162試合を戦って、2地区が同率になった!珍現象が起きたのです。(大リーグ 史上初とのことです)

『中地区』

☆「シカゴ・カブス」

☆「ミルウォーキー・ブルワーズ」

共に 95勝67敗

『西地区』

☆「コロラド・ロッキーズ」

☆「ロサンゼルス・ドジャーズ」

共に 91勝71敗

同じリーグで、2地区が 同じ勝率!

両地区とも、1位~2位 を決める「地区優勝決定戦」が行なわれました。→10月2日

既に、優勝を決めている 『東地区』 の「アトランタ・ブレーブス」は 90勝71敗ですから(勝率3番目)、「ワイルドカード」での 勝者 が決まらないと「地区シリーズ決定戦」の、相手チームが決まらない!と言う (これまた)珍現象!が起きています。

≪ 試合結果≫ ナショナル・リーグ

東地区 「アトランタ・ブレーブス」  90勝72敗(勝率3位)  A

中地区 「ミルウォーキー・ブルワーズ」  96勝67敗(勝率1位) B

西地区 「ロサンゼルス・ドジャース」  92勝71敗(勝率2位) C

「地区シリーズ出場決定戦」は、「シカゴ・カブス」対「コロラド・ロッキーズ」の、一発勝負! 「ロッキーズ」が勝利 D

よってナ・リーグ 「地区シリーズ」の対戦は(5回戦の3勝勝ち)

★勝率1位の「ブルワーズ」 B   対   ワイルドカードからの「ロッキーズ」D

★勝率2位の「ドジャース」 C   対   勝率3位の「ブレーブス」A

 

=====

(追記)アメリカン・リーグ(ア・リーグ)は、4日(本日)ワイルドカードをかけて、「ニューヨーク・ヤンキース」と「オークランド・アスレチックス」が戦いました!勝率の高い「ヤンキース」の球場で開催!一発勝負です。

追記(4日)「ヤンキース」が、「アスレチックス」に勝ちました。 7-2 これで地区シリーズ四番手! アメリカン・リーグ 勝率1位の「ボストン・レッドソックス」との「地区シリーズ」が(いよいよ)始まります。

=====

≪ 試合結果 ≫ ナ・リーグ地区シリーズ 「ブルワーズ」対「ロッキーズ」 3-2でブルワーズの勝ち!

もう一試合 「ドジャース」対「ブレーブス」 6-0 でドジャースの勝ち!

=====

☆「中国オープンテニス」(北京) 「大坂なおみ」選手 準々決勝 勝ちました!(大逆転勝利) 対「ジャン・シューアイ」選手 L-45  3-6  6-4  7-5 これで4強(ベスト4) DAZN LIVE

★試合結果 6日 「大坂なおみ」選手 負けました! 4-6 4-6 (中国オープンテニス)準決勝

=====

☆「楽天オープン」 「錦織圭」選手 準々決勝 勝ちました! 6-3 6-3  対「チチバス」(ギリシャ)L=15  WOWOW 192 LIVE

☆「錦織圭」選手 勝ちました! 「楽天ジャパン・オープンテニス」準決勝 対「ガスケ」選手(仏) L=25

7日の決勝戦は、「メドベージェフ」選手(ロシア)予選から勝ちあがってきています。L=32 22歳

 

MLB(大リーグ) b いよいよ大詰め! ナ・リーグ

「メジャーリーグ」(MLB)も、いよいよ大詰め!「レギュラーシーズン」も1試合残すのみとなりました。年間162試合。毎度のコメントですが、(今年は)日本人選手の活躍が少なく、あんまり面白くありません。NHK-BSやスカパーも、ほとんどが「大谷翔平」選手(エンゼルス)ばかり、DH(指名代打)の出番で、どれだけヒットやホームランを打つのか?それのみが注目されています。

☆日本人選手で、「ワイルドカード」&「ポストシーズン」出場の可能性のある選手は、ナ・リーグ「ドジャース」の「前田健太」投手、それと、ア・リーグの「ヤンキース」の「田中将大」(まさひろ)投手の2名のみ!であります。

=====

ナ・リーグですが、◎東地区は「ブレーブス」が優勝が決定、問題は、▲中地区と▲西地区なんですね!最後に最後まで判りませんが、(優勝の)可能性は、中地区が「カブス」と「ブルワーズ」のどちらか?西地区は「ロッキーズ」と「ドジャース」のどちらかでしょう。

問題は、それぞれの二位のチームで争う「ワイルドカード」いわゆる「地区シリーズ」に出場できる為の決定戦(第四のチーム)の出場権をかけた1試合へのキップの獲得が微妙な段階であります。

10月1日時点でも、全くわからないのであります。中地区~西地区の優勝が決まらなければ、「ワイルドカード」の出場チームも決まりませんから、全くの白紙の状態なんですね。早い話が、162試合終わるまで、中地区と西地区 そして「ワイルドカード」出場の残り1チームは決まらないのです。⇒(同率の場合、スポット試合?)

最後の最後までの「勝率」がすべてを決定するのです。少々、ややこしく相当に(緻密に)見届けないと、判らないでしょうね!(爆笑!のレベル)

=====

☆ 「エンゼルス」の「大谷翔平」選手、29日の「アスレチック」戦にて、3打数3安打 惜しくも第三打席の大犠飛(結果レフトフライ)は、もう少しでホームランでした。新人王になって欲しいですね!

=====

≪ テニス情報1≫

①「大坂なおみ」「中国オープン」北京 10月1日 一回戦登場
②「錦織圭」選手「楽天オープン」東京  々 対戦相手、何と!「杉田祐一」選手
③「ダニエル太郎」  々 10月2日 対戦相手 「チチバス」選手(ギリシャ)L=44
④「西岡良仁」選手  々   々  対戦相手「キリオス」選手(豪州)L=27

≪ テニス速報2≫

◎「西岡良仁」選手 「深センオープン」(中国)にて、優勝しました。ATP250 7-5 2-6 6-4 5度目のマッチポイントで到達しました。対戦相手は「エルベール」選手(フランス)L=67  即座に帰国して、「楽天オープン」が待っています。(10月3日登場)

世界テニスツアー(ATP)にての優勝は、・松岡修造 ・錦織圭 ・杉田祐一 ・ダニエル太郎 各選手に続いて の5人目の快挙です。30日(18:10~20:55)